宇宙家族ロビンソンの”Wish Upon a Star”

宇宙家族ロビンソンの”Wish Upon a Star”を観ました。自分の責任を果たさずトラブルばかり起こしているドクター・スミスにロビンソン博士はついに我慢できず、ドクター・スミスはジュピター2号を出ていきます。そして心配になって追いかけて来たウィルと一緒に荒野の中でおそらく100年くらい前に難破した宇宙船の残骸を見つけます。そこで見つけた奇妙な機械は、頭に帽子のようなものをかぶって念じると、自分の欲しいものを何でも出してくれる夢の機械でした。ドクター・スミスは珍しくそれを独占せずにジュピター2号に持ち帰り、完全なジュピター2号を出そうとしますが、出てきたのはミニチュアのジュピター2号でそれは失敗します。また1日に2回しか使えないことが分かります。ジュディはその機械でドレスを出し、ドンとデートに出かけます。ペニーとウィルは次にどちらが機械を使うかで喧嘩し、ペニーはロビンソン博士に決めてもらうからと言ってウィルを騙し、音楽テープを出します。それに対してロビンソン博士はペニーに「お前は得たものより多くのものを失ったんだよ」と厳しく教育します。この辺り、ロビンソン一家は本当に理想的一家として描かれています。ロビンソン博士はその機械が一家に不和をもたらしていることを憂慮し、それを破壊しようとしますが、ドクター・スミスはそれを持ってまた難破した宇宙船に戻ります。そこでドクター・スミスは単にモノだけではなく、召使いを出そうとしますが、それは実現せず、代りに宇宙船のドアの中からのっぺらぼうのエイリアンが出てきます。エイリアンはマシンを取り戻そうとしますが、ドクター・スミスは機械を持って逃げます。そのうち、機械が出したジュディーのドレスはぼろぼろになり、果物は腐り、ペニーの音楽テープも聴けなくなってしまいます。ロビンソン博士の説得でドクター・スミスはエイリアンにマシンを返すことに渋々同意し、エイリアンはマシンを受け取ると消えてしまいます。おそらく余りに多くを望まなければマシンは手助けをしてくれたのが、ドクター・スミスがあまりにも強欲に走ったのがいけなかったのだ、というオチでした。ちょっと物欲を諫めるキリスト教的視点のお話でした。

宇宙家族ロビンソンの”The Sky is Falling”

宇宙家族ロビンソンの”The Sky is Falling”を観ました。ロビンソン一家の星に人間とほとんど同じ外見のエイリアンが転送装置を使ってやってきます。ドクター・スミスが例によってエイリアンを敵対的だと決めつけ、銃を使ってしまったために、ロビンソン一家とエイリアンの関係が危機的になります。一方でウィルはエイリアンの少年と仲良くなりますが、その少年は惑星の大気が体に合わず具合が悪くなります。ウィルは洞窟の中でその少年を看病します。どちらの側も子供が戻らないので、お互いが相手が連れ去ったと誤解し、撃ち合いになりそうになります。しかし、ウィルが病んだ少年をエイリアンのキャンプまで連れてきて誤解が解け、エイリアン達は去っていく、という話です。
ところで、英語のタイトルの”Lost in Space”ですが、最初は”Space Family Robinson”で邦題通りの「宇宙家族ロビンソン」だったようです。しかし、”The Swiss Family Robinson”という話(日本で「不思議な島のフローネ」でアニメ放送された作品)があり、実は家族設定などがこのドラマの下敷きになっています。”Space Family Robinson”ではそのドラマのタイトルとの違いが分かりにくいということで、”Lost in Space”になったとのことです。

宇宙家族ロビンソンの”The Oasis”

宇宙家族ロビンソンの”The Oasis”を観ました。また灼熱の季節が近づいてきて、ロビンソン一家は深刻な水不足に悩んでいます。そんな中、ドクター・スミスが残っていたわずかな水の内の大部分を自分の体を洗うシャワーに使ってしまいます。一行は仕方なしに、新たな水源を見つけに出かけます。そこでパパイヤのようなフルーツを多数見つけます。しかしそれは十分テストしないと安全かどうか分かりません。しかし、それを宇宙猿のデビーと、ドクター・スミスが検証される前に食べてしまいます。ドクター・スミスはそのフルーツをロビンソン一家がわざとジュピター2号の外に置いて、ドクター・スミスに食べさせるように仕向けたと怒り、貴重な水発生装置の燃料電池を持って行ってしまいます。一家はドクター・スミスを探しに行きますが、そこで見たのは通常の3倍の大きさになった巨大ドクター・スミスでした。(だったら普通は服が破れる筈ですが、ご都合主義で服も大きくなっています。)デビーも同じように大きくなっていました。モーリーンの説得でドクター・スミスはジュピター2号に戻ります。そこに嵐がやってきて、待望の雨が降り始めます。そして雨に濡れたドクター・スミスとデビーは無事に元のサイズに戻りました。この回では嫌われ者だったドクター・スミスが一家の同情を引いたりして、距離が小さくなります。

宇宙家族ロビンソンの”Invaders from the fifth Dimension”

宇宙家族ロビンソンの”Invaders from the fifth Dimension”を観ました。このシリーズで初めて本格的なエイリアンが登場します。彼らは5次元の世界からやって来ましたが、その宇宙船のコンピューターの一つが故障してしまい、その代用品に人間の脳を使おうとします。最初はドクター・スミスが捕まりますが、例によってドクター・スミスは自分の脳よりウィルの方がサイズも小さくて優秀だと言い、ウィルを連れてくるから解放してくれと取引します。それで解放されますが、首に孫悟空の輪みたいなものを付けられて、裏切ると殺されてしまいます。それでウィルの所に行ったドクター・スミスは、元スパイだけあって嘘にかけては天才的で、言葉巧みに、エイリアンが攻撃してくる、彼らをやっつけられるのはウィルだけだ、みたいなことを言っておだて、首尾良くウィルをエイリアンに渡すことに成功します。ウィルはエイリアンの本当の目的を聞いて一度は協力することを約束しますが、家族との別れのことを思うと自然と涙が出て止まらず、その水分のせいでエイリアンのコンピューターが狂い始めます。結局ウィルの頭脳は役に立たないと判断しますが、時既に遅くエイリアンの宇宙船は爆発し、ウィルは外に放り出されて助かる、という話です。
ドクター・スミスのセリフは、何か古風な表現がたくさん出てきて、なかなか英語の勉強ソースとしてはいいです。

宇宙家族ロビンソンの”My Friend, Mr. Nobody”

宇宙家族ロビンソンの”My Friend, Mr. Nobody”を観ました。ペニーが主役の初めての回。一家の中であんまり出来る仕事がなく、何となく邪魔者みたいに扱われているペニーがある日、洞窟の中でこだまのように喋る謎の人格と知り合い、それを”Mr. Nobody”と呼んで、友達になります。しかし家族はペニーが空想の遊びをしているのだと思って誰も信じてくれません。しかし、ドクター・スミスがそのペニーの友達がいる洞窟でダイヤモンドが採れることを発見し、ドンをそそのかしてボリーング装置と爆薬でダイヤモンドを採掘しようとします。(しかし地球上ではないのでダイヤモンドなんてまるで無価値だと思うのですが。)その爆発の衝撃でペニーが倒れてしまいます。それに怒ったMr. Nobodyが大きな地震を起こして…という話です。ロビンソン夫人がペニーのことを理解していることを示そうとして、自分も小さい頃テディベアの中にMr. Noodleという友達がいて…と話してペニーが「テディベアの中に人がいるわけ無いでしょう!」と怒るシーンがちょっと面白いです。