フランクリン・J・シャフナーの「パピヨン」

スティーブ・マックィーンとダスティン・ホフマンの映画「パピヨン」(1974年公開)を実に公開から45年経ってやっと観ました。何故今さらこれを観るのかというと、リメイク版が作られているのを知ったからです。この映画はTVで一度やっていた時に一部だけ観たのですが、全部は観ていませんでした。この映画の主題歌の”Free as the Wind”をエンゲルベルト・フンパーディンク(ドイツの作曲家の方じゃなくてイギリスの歌手)が歌ったのが大好きでした。
45年目の感想ですが、2大スターの共演、本当にいいですね。
しかも舞台が「悪魔島」だったというのを初めて知りました。ドレフュス事件でフランスのユダヤ人将校のドレフュスが流された島ですが、「タイムトンネル」の”Devil’s Island”で出てきました。ただ最後、椰子の実を集めて浮きにして脱出する時に、どうして鮫に襲われなかったのかが疑問に残りましたが。色々ありますが、いい映画でした。

宇宙家族ロビンソンの”Reluctant Stowaway”

「原子力潜水艦シービュー号」を全部観終わったので、いよいよ「宇宙家族ロビンソン」の視聴開始で、第1話の”Reluctant Stowaway”を観ました。見始めてすぐ分かるのは原子力潜水艦シービュー号よりはるかに本格的なSFで気合いが入っていること。このドラマも途中からかなりコミカルに近い路線になりますが、出だしはかなりシリアスです。ドクター・スミスも途中から悪い奴だけどどこか憎めないキャラ的な存在に変わっていきますが、冒頭ではスパイでロビンソン一家とドンの殺害を企む悪者そのもの。ジュピター2号のロボットに、発射の8時間後に破壊工作を行うようにプログラムしますが、途中で別のエンジニアがロボットの電源を切ったため、再度やり直している内に脱出が遅れ、ジュピター2号に取り残され一緒に出発してしまいます。ジュピター2号はドクター・スミス分の重量超過のためコースを外れて小惑星帯に入ってしまいます。ここで大小の隕石がジュピター2号にぶつかり計器類が火を吹いて…でここはシービュー号とまったく変わらない展開です。シービュー号は1話完結でしたが「宇宙家族ロビンソン」はいい所で終わって来週をご期待!のパターンで、第1話では船外のレーダー装置を修理に出たロビンソン博士の命綱が切れ、奥さんのモーリーンがロケットでロープを発射するけど、微妙にロビンソン博士がつかむことが出来ない…という所で終わります。

原子力潜水艦シービュー号の第4シーズンまとめと全体の総括

原子力潜水艦シービュー号の第4シーズンを観終わりました。以下がタイトルと簡単な内容です。
もうここまで来ると、予算も無いし、スタッフもやる気なく、惰性で続けている感がありありでした。
そしてロジカルさ0の脚本家のWilliam Welchがやたらと脚本を書いています。
“Fires of Death”、賢者の石を火山に求める中世から生きている錬金術師の話。
“The Deadly Dolls”、パペットがシービュー号のクルーと入れ替わる。
“Cave of the Dead”、さまよえるオランダ人。
“Journey with Fear”、ケロヨンみたいなケンタウロス人の話。
“Sealed Orders”、脚本家(William Welch)がLSDでラリって書いたとしか思えないひどい話。
“Man of Many Faces”、怪人二十面相。
“Fatal Cargo”、シービュー号艦内で暴れ回る白いミニキングコング。
“Time Lock”、タイムマシンを操る未来人に危うくコレクションにされそうになるネルソン提督。
“Rescue”、魚雷で爆破された筈の潜水艦バルカン号がまた復活。
“Terror”、シービュー号対フライングサブ。植物型宇宙人に操られたネルソン提督。
“A Time to Die”、マッドサイエンティストのタイムマシンで100万年前に飛ばされたシービュー号。
“Blow Up”、非常用酸素を吸って頭がおかしくなり魚雷でアメリカ艦隊を攻撃しようとするネルソン提督。
“The Deadly Amphibians”、音響砲でシービュー号を攻撃する両棲人。
“The Return of Blackbeard”、蘇った海賊黒髭。海賊の手下になったコワルスキー。
“The Terrible Leprechaun”、アイルランドの妖精レプラコーンがシービュー号に現れる。
“The Lobster Man”、ロブスター風エイリアンの地球侵略。
“Nightmare”、「タイム・トンネル」の“Raiders from Outer Space”と同じ外見のエイリアン登場。
“The Abominable Snowman”、地球を高温にしようとする雪男風マッドサイエンティスト。
“Secret of the Deep”、過去のフィルムをつなぎ合わせて作った超低予算作品。
“Man-Beast”、またも別種の狼男物。今回はクレーン艦長が狼男に。
“Savage Jungle”、高温多湿を好むエイリアンの攻撃で、シービュー号艦内がジャングルに。
“Flaming Ice”、氷の体を持ったエイリアンが、シービュー号の原子力の力で故郷の星に帰ろうとする。
“Attack!”、エイリアンのUFO軍団の地球攻撃を、ネルソン提督が阻止。
“The Edge of Doom”、クレーン艦長がネルソン提督からスパイと疑われてパワハラを受ける話。
“The Death Clock”、クレーン艦長から幽体離脱(?)した別のクレーン艦長がネルソン提督を射殺!
“No Way Back”、タイムマシンのマッドサイエンティストが再登場し、今度はアメリカ独立戦争の時代へ。

最後なんで、例によって「原子力潜水艦シービュー号」のProsとConsです。

Pros
(1)特に第1シーズンの冷戦ものが、かなり緊迫感があり、良く時代の雰囲気を映し出していました。
(2)スーパーマン的なネルソン提督の活躍と、リチャード・ベースハートの演技の巧さ。
(3)チップ副長、コワルスキー、パターソン等の名脇役達。
(4)フライングサブという魅力的なマシン。
(5)シービュー号のメカの実在感。

Cons
(1)シービュー号の艦内で起こる必然性の無い、モンスター話の多用。
(2)リアリティー面の弱さ。例えば前方と後方に同時に撃てるご都合主義の魚雷、ちょっと振動を受けただけで盛大に火を吹くシービュー号、重要な配線が集まっているのに誰も監視員がおらず鍵さえ掛かっていないサーキットリー・ルーム、原子力エンジンの制御棒を素手で操作するクルー、等々挙げると切りが無い。
(3)何かと言うと登場する海の怪物や巨大クジラ。
(4)あまりといえばあまりの同じフィルムの使い回し。(例:トカゲ恐竜)
(5)シービュー号のクルーに女性はおらず、女性がまったく登場しない回も非常に多い。
(6)脚本家によって変わるシービュー号の基本設定。(例:SLBMの核ミサイルの発射装置、フェイルセーフがあったりなかったり、大統領の許可が必要だったり要らなかったり。)
(7)シービュー号の位置付けの不明確さ。何故民間の潜水艦に16発ものSLBMが搭載されているのか。
(8)エイリアンなどの特撮のちゃちさ。
(9)一部の脚本家のロジカルさのまるでない脚本。

まあご覧の通り、Consの方がはるかに多く、特に第3シーズン以降は弁護の余地無くひどいと思います。最後の方は、もはや観るのが苦痛でさえありました。

原子力潜水艦シービュー号の”No Way Back”(最終回)

原子力潜水艦シービュー号の”No Way Back”を観ました。これが110話目で最終回になります。ただ、最終回らしいオチがあった訳ではなく、おそらくこの回が作られた時点では第5シーズンがあるかどうかがまだ決まっていなかったんだと思います。そして最後もまたWelch脚本で、第4シーズンの第2話の”Time Lock”に出てきた、ミスター・ペムというタイムマシンを作り上げたマッドサイエンティストがまた登場します。ペムは前回高圧電流に触れて感電死した筈ですが、タイムマシンのパワーが少し残っていて、感電死の直前でどこかに転送されて助かったということにされています。この回で衝撃的なのは、冒頭でシービュー号がどこからの妨害電波を受け、その原因が分からないままに、シービュー号は大爆発を起こして大破して沈没、クルーは全員死亡、というシーンです。その後、サンタバーバラのネルソン提督の元へ復活したペムが現れ、彼ならタイムマシンを作って、シービュー号の爆破の前に戻って、シービュー号とそのクルーを救うことが出来る、という提案をし、ネルソン提督は藁をもすがる気持ちでその提案に乗ります。しかし、ペムはタイムマシンの暫定版を作り上げネルソン提督と一緒に爆発前のシービュー号に転送されると、実は既にタイムマシンは作り直されており、ペムの謀略でシービュー号は1780年のアメリカ独立戦争の時に飛ばされます。この辺りほとんどタイム・トンネルの世界です。ペムは歴史を変えて自分が英雄になろうとします。シービュー号にはベネディクト・アーノルドという軍人が乗り込んできます。アーノルドはアメリカ人なら誰でも知っている人で、独立戦争では功績を挙げたのに、それにふさわしい褒賞が無かったことに腹を立て、ニューヨークのウェストポイント砦をイギリス軍に引き渡そうと画策した裏切り者として有名です。その他スパイとして捕まって処刑されるイギリス軍のアンドレも一緒でした。クレーン艦長はシービュー号を秘かに潜行させ、艦を大きく揺さぶってその間にペムからタイムマシンのスイッチを取り上げます。ペムは逃げて、もう一つのタイムマシンを操ろうとしますが、動力がなく、リアクタールームの電力を使おうとしますが、そこにはクレーン艦長とコワルスキーが待ち構えていて、争いになりますが、最後は原子力エンジンの放射線を全身に浴びて今度こそ死にます。ネルソン提督はペムの残したタイムマシンのスイッチを押して、現在の爆発の直前に戻り、爆弾は結局ペムが仕掛けたものでしたが、それを見つけてミサイル発射口から外へ放出し、間一髪でシービュー号は救われます。今回は前回ペムが出てきた話よりは数段マシですし、アメリカ人が誰でも知っているベネディクト・アーノルドとアンドレが出てきたりして、それなりに楽しめた最終回ではありました。

原子力潜水艦シービュー号の”The Death Clock”

原子力潜水艦シービュー号の”The Death Clock”を観ました。最後から2番目。Welch脚本ではありませんが、また脚本家がLSDでもやってラリって書いたんじゃないかというような話でした。そしてまたもトカゲ恐竜!撮影に使われたトカゲもこれだけ使ってもらえれば役者冥利に尽きる(?)というものかもしれません。冒頭でクレーン艦長が暴走した核エンジンを止めようとして、大量の放射能を浴びて気絶します。シックベイでは、「放射能除去装置」(コスモクリーナーかよ!)を使ってクレーン艦長を治療しようとしますが、実はその機械がエンジニアとして機械と一緒にやってきたマロニーが開発した4次元コントロール装置でした。昏睡状態のクレーン艦長から幽体離脱のようにもう一人のクレーン艦長が分離し、あろうことかネルソン提督を射殺します。そのもう一人のクレーン艦長はシービュー号のスタッフ2人も射殺し、行先をある島に向けます。等々の話ですが、4次元を出してしまうと基本的に何でもあり、で時空を超えまくりになってしまって、どんな話でも作れます。結局最後はクレーン艦長がどうやったか不明ですが、事件が起きる一日前のシービュー号に戻って、マシンを手榴弾で爆破しておしまい。