アルゲリッチのバッハのDSD音源入手

私の愛聴盤である、アルゲリッチのバッハがハイレゾ音源(DSD2.8MHz)でe-onkyoで発売されました。
最初は1980年の夏頃、西ドイツからの輸入盤のLPで買ったもの(当時のLPは日本プレスより欧州のプレスの方が音が良い場合が多く、マニアは石丸電気の本店の外盤売り場などで外盤を買っていました)で、演奏も録音も良いものでした。しかしLPは聴きすぎてノイズが増え、やむを得ずその後出た普通のCDで聴いていました。しかし音質はLPよりも落ちるものでした。
それが3~4年前にエソテリックからSACDとして発売され狂喜して買い、不満はかなり解消されました。
それで今度ハイレゾ音源です。SACDもDSD2.8MHzですので差は無い筈ですが、やはりCDはスタンプ転写で作られるせいか、音の鮮度、音場の見通しの面でハイレゾ音源よりも劣るように思います。今回購入したハイレゾ音源がアナログの記憶の音に一番近く満足です。
ちなみに発売当時の長岡鉄男による録音評(別冊FM Fanの1980年の夏号の巻末の外盤ジャーナル)は以下。
====================================
「元々がハープシコードの曲であり、ハープシコードの音というのは、立ち上がりが極めて鋭く、しかも落ち着いた耳当たりの良い音である。ピアノで弾く場合、ハープシコードの音色を意識するか、無視するかは演奏者、録音技師の自由だろうが、このレコードはハープシコードの音色を生かした優れた演奏と録音になっている。A面のトッカータが特に良い。タッチが極めて明快でクールで切れがいいのだが、決してオンに過ぎず、やかましさ、金属的な鋭さがない。余韻、ピアニッシモが綺麗で、透明感と静寂感がある。小粋な録音だ。」
=====================================

P.S.
ある人からバッハ生誕333年記念でLPも復刻されていることを教えてもらい、HMVに注文しました。

NHK杯戦囲碁 六浦雄太7段 対 依田紀基9段


本日のNHK杯戦の囲碁は、黒番が六浦雄太7段、白番が依田紀基9段の対戦です。まずは右上隅で初めて見た展開になりましたが、黒は時間をほとんど使わず打ち進めたのに対し、白は4回考慮時間を使わされました。その内容は黒が上辺から掛かった白にコスミツケて一間に高く開いたのに、白がすぐに右辺で3線に打った後、黒が手を抜き、白が大ゲイマで滑ったのに黒が外から付けて反発した所から始まりました。結果として黒は右辺の3子を上手く捨てて、逆に上辺の白2子を制しました。黒は2の2の置きが先手で打てるため、白地は大きくありませんでした。AIの形勢判断も黒のリードとなりました。次に戦いは右辺と右下隅になりました。ここの折衝の結果は右辺の白3子が取り込まれて右辺と右下隅が黒地になり、代償で白は下辺を割って下辺左の黒3子を攻める展開になりました。ここでAIは黒の確定地が大きく、黒3子のサバキも難しくないということで、大きく黒のリードとなりました。しかしその後の白の追及も厳しく、形勢はまだ不明でした。しかし白が途中で中途半端に地を確保することに方針を変えたのが疑問で、上辺から下辺まで黒がつながり、不安な石が無くなりました。白はその後、右上隅で狙いのハネだしを決行し、差を詰めましたが盤面で10目以上の黒のリードは変わらず、最後は下辺からの白の生死に関わる劫を仕掛けられ、謝れば活きはありましたが、逆転の余地は無く、黒の中押し勝ちになりました。

薬剤師(無資格者)にCOVID-19のワクチン接種をさせようとする動きについて

現在、Change.orgで「日本の薬剤師がCOVID-19のワクチン接種が出来るように要請しよう」という署名活動が行われて、ある方がそれをFBでシェアしました。それに対して私は色々疑問点や異論をぶつけました。この署名要請で、医療行為を行う資格の無い薬剤師がワクチン接種の注射を行っていいのかという当然の疑問に対し、「英国はトレーニング受けたボランティアが新型コロナワクチンの接種をしているので、医学的な知識がある薬剤師さんが接種(筋肉内注射)を担当することは問題ありません。」という説明がされています。
まず、イギリスで無資格者がトレーニングを受けて接種をするということが行われているので、日本でもそれをやっても問題ありません、という意味不明の説明についてまったく賛同出来ませんが、イギリスの事例についても以下のような特殊事情が背景にあるということを説明します。
イギリスのこのボランティアによるワクチン接種が進められている最大の理由は、イギリスのNHS(国民健康保険制度)をベースにした医療体制が、近年財政難によって極度に疲弊し縮小しており、NHSだけでは大規模な接種を迅速に進めるのが100%不可能だったということが挙げられます。(NHSのボランティア募集の中に「我々だけでは100%達成不可能です」と書いてあります。)以前、オンライン英会話でイギリス人の複数の先生からこの関連の話を聞いたことがありますが、単純な風邪レベルの病気で開業医に診察を受けようとしても、まずは予約が必要で、通常10日~2週間は待たされるということでした。この原因はイギリス政府が健康保険制度の赤字を抑えるために、保険報酬の引き下げ等を進めた結果、開業医が儲からない仕事になり開業医になる人が減少した結果だと聞きました。
ちなみに、Brexitに何故多数の人が賛成したかというと、Brexit推進派がキャンペーンで「EUを離脱すればEUへの上納金を支払う必要が無くなり、そのお金でNHSを再建出来る」と訴え、多くの人がそれに魅力を感じたのが一つの大きな理由です。しかしこの一種の公約はBrexitの決定後、まったくの嘘であったことが判明しています。その嘘を撒き散らした張本人の一人が、現首相のボリス・ジョンソンです。ということは、もし現行のNHS体制下での本来の有資格者だけでワクチン接種を進め、予定通り進まなかった場合は、ボリス・ジョンソンは過去の公約を反故にしたことについての批判を改めて受ける可能性があり、弥縫策としてボランティア利用を進めたという可能性もあるかと思います。
そういう背景の元で、イギリスでボランティアをトレーニングしてワクチン接種をさせるということが行われているのは、それが合理的とか美談とかの話ではなく、NHSだけではどうやっても不可能なので窮余の一策として考え出された「禁じ手」であるということです。
以上のような背景を理解すれば、イギリスで実例があるから日本でもOKということにはまるでならないのは、誰でも容易に理解出来ることです。この話がほとんど報道されていないのも当り前で、イギリスにとってはこの話をアピールすることは自国の健康保険制度がそこまで崩壊していることを世界に示すことになります。また、欧州のEU所属各国はイギリスよりワクチン接種に関して遅れていますが、今の所どこもイギリスの真似をして無資格者にワクチン接種をさせようとはしていません。
この署名依頼を出した人は善意でやっているのかもしれませんが、英語のことわざには「地獄への道は善意で舗装されている」というのもあります。まずは通常の医師や看護師の有資格者でどこまで出来るのかの十分な検討なしに、こんな短絡的で医療事故を起しかねない提案には安易に賛成すべきでないと思います。

医療事故の事例検索

日本医療機能評価機構という所が医療事故の事例収集をしていて、誰でもそのデータベースを検索出来る事をご存知ですか?
以前NECAという工業会の仕事で医療機器の事故防止のために部品で出来ることを検討したことがあり、それでここを知りました。直接訪問してお話を聞いたこともあります。ある一定以上の大きさの病院はヒヤリハットを含めて医療事故が起きた場合はここに報告する義務があります。以下のページで事例を検索出来ます。
https://www.med-safe.jp/mpsearch/SearchReport.action
ちなみに、「ワクチン 注射」で検索してみたのですが、出てきたのは
(1)期限切れのワクチンを注射した。
(2)対象者と非対象者を取り違え、打つべき人で無い人にワクチンを注射した。
(3)所定の量の倍のワクチンを注射した。
(4)2ヵ月前に肺炎球菌ワクチンを注射済みなのに本人(やや認知症有り)の言葉を信じて再度注射した。
等々で、なかなか怖いです。
これらの事例を見て改めて分かるのは、たかだかワクチンの接種といっても十分気を付けないとシリアスな医療事故が発生する可能性があるということです。拙速は厳禁です。

ウィルスの伝播性と重症化率

久々にCOVID-19ネタ。
確かウィルスの伝播性と重症化の割合は反比例するというのが定説だった筈が、最近はCOVID-19の変異型が伝播性が高く、しかも重症化しやすい、というこの定説に矛盾する報道が最近目立ちます。
これ本当に定説が間違っていたのでしょうか?
このパンデミックの初期の頃、このウィルスの致死率が非常に誇張されて報道されていました。インフルエンザの10倍とかそういう報道です。しかしそれはほとんどが初期の限られたn数について言っているだけで、結局感染者が増えていくと致死率がどんどん低くなっていくということを既に経験しています。
おそらく変異型も同じことで、伝播性が強ければ感染者が増え、その結果単純に数だけは重症者も増え、それが目立つために「伝播性も強い上に重症化率も高い」という単なる推測での報道が成されているだけだと思います。現時点で変異型ウィルスの致死率についての科学的に信用出来るデータはまだほとんど無いと思います。印象報道に振り回されないようにすべきだと思います。