刑部芳則著の「古関裕而―流行作家と激動の昭和」

刑部芳則著の「古関裕而―流行作家と激動の昭和」を読了。著者は日本史家で、今NHKの朝ドラでやっている古関裕而夫妻の話である「エール」の風俗考証を担当されている方です。朝ドラのおかげで今何冊も古関裕而の本が出ていますが、ぱっと見た感じはこれが一番良さそうでした。歴史家だけあってきちんと事実に基づいて古関像を描いて行きます。
この本で初めて知ったのは、あれだけの生涯で5000曲にも及ぶ数々の名曲を作曲しながら、しかしコロンビアの専属作曲家としての最初の頃は中々芽が出なかったことです。同じコロンビアに古賀政男というもう一人の天才がいて、哀愁を帯びたいわゆる古賀メロティーでヒットを連発したのに対し、古関の曲はある意味正統的、クラシック的過ぎてヒットせず、当時新民謡と言われたご当地ソングみたいなものばかりを作曲していました。そういう時代の例外としては早稲田大学の応援歌である「紺碧の空」があります。これは早稲田としては七番目の応援歌であったにも関わらず、あっという間に人気が出て早大での一番有名な応援歌になります。(ちなみに慶応大学の応援歌も古関裕而で、こちらはかなり後になります。早稲田の方の歌詞の最後が「覇者、覇者、早稲田」となっているのに対し、慶応の方のタイトルは「我ぞ覇者」で早稲田への対抗意識が感じられます。)古賀に負け続けていた初期の古関裕而ですが、時代は次第に戦時色を強めて行き、古賀の哀愁調の曲から、古関の応援歌的スタイルが次第に受入れられるようになり、最初に大ヒットしたのが「露営の歌」でいわゆる「♪勝ってくるぞと勇ましく誓って国を出たからは」です。全国で出征兵士の見送りには必ずこの歌が歌われるほど人口に膾炙します。そしてその後も「若鷲の歌」(♪若い血潮の予科練の)、「ラバウル海軍航空隊」など、次々にヒットを飛ばすようになります。古関の軍歌は、軍隊の賛美一方ではなく、底にある種の哀愁を帯びているのが特徴で、戦時下の国民に非常に愛されました。
しかし、戦後になると、古関は自分が書いた「若鷲の歌」を口ずさみながら特攻に飛び立って行った若者も多くいたことを反省し、戦後は一転して平和の歌を書くようになります。代表曲として昭和のベスト50に間違いなく入る「長崎の鐘」、「とんがり帽子(鐘の鳴る丘)」などが作られます。しかし、その後古関の本領である応援歌調は再び愛されるようになり、その頂点が1964年の東京オリンピックでの「オリンピック・マーチ」です。この曲は今井光也作曲のオリンピックファンファーレと通常続けて演奏されますが、何と曲の最後では国歌「君が代」の「苔のむすまで」の部分が引用されます。これは実は戦前の「皇軍の戦果輝く」(昭和17年)とまったく同じでした。(「皇軍の戦果輝く」はここです。)著者は古関は一度書いたものはすぐに忘れてしまう人で、これは意識してやったことではないだろうとしています。
という具合に書いていると止まらなくなるのですが、古関裕而って本当にいいなと思います。この新型コロナウイルスのまさにそのさなかで古関裕而夫妻を主人公とする朝ドラが放送されているというのはちょっと不思議です。

突っ込みどころ満載の消毒剤についての経産省情報

台所洗剤でコロナ消毒可能 経産省、来月検証試験で確認っていう記事ですが、あれこれ突っ込みどころ満載ですね。

(1)そもそも厚労省ではなくて何で経産省?(おそらく今回のコロナウイルス対策の総責任者が経産大臣だからでしょうか。)
(2)文献調査で確認、って新型コロナウィルスに関する各種消毒剤の有効性の文献なんてまだ無いと思いますが。
(3)「第四級アンモニウム塩」が効果があるって本当?これは例えば塩化ベンザルコニウム(逆性石鹸)がそうですが、これは多くのウィルスには効果が無いとされています。エタノールとか一緒に混ぜれば効果があるでしょうが、これ単体で新型コロナウイルスを本当に殺せるというエビデンスは無いと思います。
(4)先日まで次亜塩素酸水を効果が不明としながら、一転して効果がある、になっています。また「第4級アンモニウム塩は手指にも使える。」とあって、次亜塩素酸水が手指に使えないように書いてあるけど、これ変で次亜塩素酸水に毒性は無い(低塩素濃度のものは食品添加物として認められています)から別に手指に使って何の問題も無いと思いますが。

こういう記事で、今度は塩化ベンザルコニウムが売り切れたりするんでしょうね。やれやれ。ともかくまた専門家に十分諮らないで未確認情報を確認情報のように流しているだけに見えます。

川崎市多摩区登戸郵便局の集配担当職員の新型コロナ感染

本日(15日)の午前中に再配達を依頼した日本郵便の荷物が届かないので登戸郵便局に電話したら自動音声で、「本日登戸郵便局の局員が新型コロナウイルスに感染したことが判明したため、現在業務を停止しております」だと!こうなると荷物も本当に玄関前放置にしてもらわないと危ないかも。

登戸郵便局コロナ

宇宙家族ロビンソンの”The Space Creature”

宇宙家族ロビンソンの”The Space Creature”を観ました。タイトルロールでの脚本家の表示が、出ました!ウィリアム・ウェルチです。(原子力潜水艦シービュー号の第3、4シーズンできわめて馬鹿げた話を沢山書いた脚本家です。)
しかし、ウェルチの脚本にしてはスリリングな感じはそれなりにあって、ジュピター2号から人が一人一人消えていって最後にウィルが残されます。それはウィルが歴史の勉強にうんざりして、「一人にさせてくれ」と叫んだのを、ある子供のエイリアンが聞いていて、それを実際に実現したのだ、というストーリーです。それでこのウィルの「一人にさせてくれ」に、ドクター・スミスの「本当はロビンソン博士の一家は皆消えて欲しい」と思わず言ったのの両方が実現して行きます。と途中までは良かったのですが、そこから先はさすがウェルチ脚本で、子供のエイリアンだった筈が、実はウィルのイドの怪物だという、禁断の惑星のパクリみたいな話になり、しかもそのイドの怪物の姿が単に役者がシーツをかぶっているだけという、超古典的西洋の幽霊の姿で、とてもSFとは思えない話になります。
それから、これまで一度も登場しなかったジュピター2号の原子力エンジンルームが突然登場し、ロビンソン博士はその中をウィルに防護服も着せないで、消えた人間を探させます。この辺り原子力潜水艦シービュー号とほとんど変わらない話になってしまっています。大体、あの宇宙船の中にこんな広いエンジンルームが収まる筈無いんですが、その辺がウェルチ脚本です。

次亜塩素酸水について続報

次亜塩素酸水について更に続報。この「ジアナイン」っていう製品を作っている会社は「株式会社インターフェイス」という東日本橋の会社で、名前から分るように何とIT会社です。事業概要の一番下に「食品添加物と同成分の安全な除菌・消臭剤「Zianine(ジアナイン)」の販売」と確かにあります。「製造・販売」では無く、「販売」というのがミソです。実は次亜塩素酸水は原料は水と少量の食塩、または塩酸でそれを電気分解するだけで作れます。ホシザキみたいな食品機械の会社が製造装置を出していますが、一日にトン単位で作れる液体です。従ってコストは非常に安く、おそらくこの会社はどこかの食品製造会社か何かから次亜塩素酸水を分けてもらって、それをよりによって飲料みたいな透明ペットボトルに入れて(いくら毒性が無いと言っても飲用はすべきではないのでPETボトルを使うべきでは無いですし、また普通塩素は光で容易に分解するので、良心的な会社なら多少は遮光を意識した例えば不透明ボトルとかを使う筈です)、もっともらしいホームページを作って(IT会社だからその辺りはお手のものです)、500mlで1200円以上という暴利で売っている訳です。まあこれもマスクの転売屋と同じですね。
なお、前回の記事で次亜塩素酸ナトリウムの場合は200ppmは殺菌には不十分と書きましたが、次亜塩素酸水の場合は80ppmとかの低い塩素濃度でもかなりの殺菌力があるみたいです。ですが、次亜塩素酸水を買いたければ他にもっと安いものがいくらでもありますから、このような詐欺みたいな商品を買うのは止めた方がいいと思います。