「謎の円盤UFO」の”Timelash”

「謎の円盤UFO」の”Timelash”を観ました。この回は中学生の時ではなく、小学生の時の最初の放送の時に観て、強く印象に残っているものです。確か邦題は「時間凍結作戦」。まだ小学生だったので細かい筋は覚えていませんでしたが、最後に写真のようにストレイカーがバーズカで、時間を凍結させている間にSHADO本部を攻撃してくるUFOを一人だけで迎撃するシーンをずっと覚えていました。
お話はSHADOのスタッフの一人のターナーがエイリアン側と通じてSHADO本部のどこかに時間を凍結させる装置を取り付けます。レイク大佐を空港に迎えに行っていたストレイカーとレイク大佐だけがこの凍結を免れますが、SHADO本部に入るとそれまで夜の8時だったのが突然昼間に戻り、また凍結した人間を目撃します。SHADO本部の中で一人だけ動いている者を見つけそれがターナーでした。ストレイカーとレイク大佐はターナーを追いかけますが、ターナーは広い映画スタジオの中を逃げ回ります。その内UFOの音が聞こえてきて、ストレイカーはターナーの追いかけをやめてバズーカを取り出してUFOを撃墜しようとします。しかしターナーがレイク大佐を気絶させ、バズーカのキーを持って行ってしまいます。再びストレイカーとターナーの追いかけ合いになりますが、時間を操れるターナーはなかなか捕まりません。ストレイカーはマシンガンでターナーを撃ちますが、彼が見えている所には既に彼はいない、ということが分かり、360°の方向にマシンガンを乱射して、それがターナーに命中して倒します。何とかキーを取り戻したストレイカーはバズーガで見事1撃でUFOを撃滅します。本部に戻ったストレイカーは時間凍結装置を壊すため、SHADOの装置を手当たり次第破壊し始め、そのどれかが奏功して時間が流れ始めますが、ストレイカーは2週続けて発狂扱いされて医務室に連れて行かれ、そこで強力な自白剤を注射されて真相を語り、ようやく皆が理解する、というストーリーです。
後1話を残すだけになりました。

藤田嗣治展(没後50年記念)

上野の東京都美術館で行われている藤田嗣治展に行って来ました。素晴らしい展示会で藤田の作品がこれだけの規模で集められる機会はそうそう無いのではないかと思います。事前に本(Eigoxのレッスン用に買ったもの、「もっと知りたい」シリーズの「藤田嗣治」)を見てから行きましたが、本に掲載されている作品のほとんどの実物を見ることが出来ました。
ただ残念だったのは、藤田の「戦争画」がわずか2点(「アッツ島玉砕」と「サイパン島 同胞臣節 全うす」)しか展示されていなかったことです。購入した目録によれば東京都美術館は藤田の他の戦争画数点を含む戦争画全153点を収録しているそうです。今回の展示会とは別に戦争画だけの展示会を是非開いて欲しいです。以前読んだもりたなるおの「芸術と戦争―従軍作家・画家たちの戦中と戦後」によれば、今回展示されている藤田の戦争画は国民の間で評判になりましたが、軍部からはこのような悲惨な場面の絵は国民の戦意を削ぐ、ということでそれ以降は藤田は戦争画を描くことを止められます。にも関わらず戦後は、画家の中での戦争協力者の筆頭として戦犯として糾弾されかけます。その結果藤田はフランスへ移住することを決意します。
後絵を実際に観て思ったのは、藤田の戦前・戦後の子供の絵は、奈良美智の描く子供の絵とちょっと共通点があるのではないかということです。どっちもある意味人工的な子供です。(藤田は5回結婚していますが、子供はいません。)
ちなみに、藤田をフランスで有名にした「乳白色」は鉛をベースとする絵の具に炭酸カルシウムとタルクを混ぜていたようです。戦前土門拳が撮影した藤田の作画風景に、シッカロールの缶が写っています。シッカロールは一般的に言えばタルカムパウダーで主成分はタルクです。

「謎の円盤UFO」の”Mindbender”

「謎の円盤UFO」の”Mindbender”を観ました。ムーンベースに後一歩という所まで接近したUFOが何故か突然コースを変えてムーンベースから離れ、その後自爆します。その理由を突き止めるためムーンベースにやってきたストレイカーですが、調査に携わったパイロットの一人が突然気が狂ったような行動を起こし、ムーンベースの女性スタッフを殴り倒します。同じような事件がSHADO本部でも起き、そのスタッフはレイク大佐を人質にして逃亡しようとしましたが、フォスター大佐に撃ち殺されます。そして次におかしくなったのがストレイカー司令官その人ということで、幻覚の中で映画の一シーンとして自分の息子を事故で亡くすシーンを見せつけられます。結局、自爆したUFOが残していったガラス状の石に触ったものが全員おかしくなっているということで、偶然幻覚の中のストレイカーがそれを叩きつけて割ったため、幻覚は治まりました、という話しです。どうもこのUFOには、サイコ系のお話が多いようです。

NHK杯戦囲碁 坂井秀至8段 対 井山裕太6冠王

本日のNHK杯戦の囲碁は黒番が坂井秀至8段、白番が井山裕太6冠王です。布石はタスキの配石で白が右上隅の黒の星にいきなり三々に入ったのが流行の打ち方でそれに対し黒が手を抜いて左上隅を両ガカリしたのはもっと最新の打ち方です。白が上辺の黒に付けて黒がはねて白が延びた時、普通は黒でツケノビ定石と同じで隅に伸び込むかあるいは一間に飛び付けるかですが坂井8段は右上隅の黒石を意識して右側から押すという手を打ちました。白は黒が延びなかった所を押さえて黒が継いだ後、左上隅で下がって隅を守れば普通なのですが、井山6冠王は左辺の黒にかけるという新手を放ちました。この結果未知の進行になり、双方序盤で持ち時間の10分を使い果たすという展開になりました。その後の進行では白は弱石を2つ持ち、苦しいかと思われましたが、ここで白は左上隅の黒に働きかけていき、劫になりました。白は中央に絶好の劫立てがあり、黒は劫に勝って左上隅を確保し上辺とも連絡しましたが、白も黒の種石2子+αを制して中央が厚くなりました。先手となった黒は右下隅にかかっていき、右辺に展開しましたが、最終的に黒が右下隅の三々に入っていき、右下隅と右辺の振り替わりになりました。この辺りやや白が厚いかなという感じで進んでいましたが左下隅で二段劫が発生しました。黒は右上隅の白の生死を劫立てにしようとしましたが、白は受けずに右下隅を包囲している黒を切断し劫を大きくしました。ここで黒が冷静に右上隅を取っていればかなり細かい形勢で、勝敗は不明でした。しかし坂井8段は足らないとみていたのか下辺で切り離された黒を助ける劫立てを打ちましたが、結局劫に負け、代償として右上隅を取りました。最後に黒は中央の白地が付きそうな所に単純に右辺から出て行くヨセを打つだけでなく、中央で手にしようと頑張りました。しかし回りの白にどこも弱い所がなく、一眼しか出来ず、ここで黒の投了となりました。坂井8段としては惜しい一戦でしたが、井山6冠王の読みの正確さが光った一局でした。

クレメンス・クラウスの97枚組セット

クレメンス・クラウスの全97枚のセットを全部聴き終えました。中に数枚音飛びがするCDがありましたが、送り返すのが面倒で返品交換は求めていません。
クレメンス・クラウスについては、ウィンナ・ワルツのニューイヤーコンサートを始めた人で、私も最初はそちらから入りました。しかし感銘を受けたのはブラームスの交響曲第1番の演奏で、歌心あふれる素晴らしいブラームスでした。それでこのセットを買い求めました。
クラウスはウィーンの国立歌劇場のバレリーナの私生児です。父親が誰かは分かっていませんが、ご覧の通りの端正な顔立ちであるため、父親が当時の皇帝であるという噂もあります。皇帝でなかったにしても、かなり高貴な身分の人であっただろうと思います。
全体を通して、クレメンス・クラウスが偉大な指揮者であることが十二分に確認出来ました。中でも一番感銘を受けたのがヨハン・シュトラウスの「こうもり」です。CDなんで当然映像はありませんが、何というか大晦日の演奏の定番であるこのオペレッタがこれほどワクワクした響きを持っていることに驚かされました。クラウスの指揮だけでなく、ユリウス・パツァーク、ヒルデ・ギューデン、アントン・デルモータといった素晴らしい歌手が集まっていることにも感銘を受けます。後は伝説の名演と言われるバイロイト音楽祭のライブである「指輪」と「パルジファル」も素晴らしいです。その他リヒャルト・シュトラウスについては、クラウスはある意味協力者と言っていい位R・シュトラウスの音楽を取り上げていますし、最後のオペラ「カプリッチョ」に至ってはクラウスが台本を書いています。このセットにもかなりの数のR・シュトラウスの音楽が入っており貴重な記録だと思います。
惜しいのは、イタリアオペラもヴェルディやプッチーニなど多数収録されているのですが、すべてがドイツ語歌唱だということです。現在でもドイツの主として地方ではドイツ語上演が普通で私もフィッシャー・ディースカウの「リゴレット」のCDを持っていたりしますが、やはりちょっと違和感は否めないです。
Wikipediaの「クレメンス・クラウス」の項には「ウィーン、ベルリン、ミュンヘンとドイツ圏の三大歌劇場の総監督をすべて歴任し、ウィーン・フィル最後の常任でもあった指揮者ながら、日本ではこれに見合った位置づけがほとんど行われていない。」とありますが、同感です。これだけの名指揮者としては評価が低すぎると思います。