NHKの大河ドラマと白井喬二作品

白井喬二の作品の「富士に立つ影」や「新撰組」はNHKの大河ドラマでやったらいいのに、と思っていました。と思っていたら、学芸書林の「定本 白井喬二全集16 雪麿一本刀(一)」の巻末の解説で、白井喬二の長男の井上博という人がいて、NHK大河ドラマの第1回・2回作品の「花の生涯」と「赤穂浪士」の演出をやっていたということがわかりました。この井上博という人、仕事も出来て二枚目で女性によくもてた人だそうで、その辺りで人の恨みを買って、NHKにいずらくなって辞めた、みたいなことが書いてありました。白井喬二が亡くなって、著作権を引き継いだのは、この長男の方ではないかと思います。もしかすると大河ドラマで白井喬二作品が採用されないのは、その辺りのしがらみが影響しているのでは?と想像してしまいました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.