宇宙家族ロビンソンの”The Dream Monster”

宇宙家族ロビンソンの”The Dream Monster”を観ました。この回もなかなかの回で、マッドサイエンティストのセスマという男が登場し、ラディオンという人造人間を作っています。セスマはペニーに会って、ラディオンが美を鑑賞するといった人間的な部分に欠けているのに気づき、ロビンソン一家からそれぞれの人間的な美点を盗んでラディオンに与えようとします。例によってドクター・スミスがそれに協力しますが、ドンだけは特に美点がないということで放っておかれますが、他のロビンソン一家は、ロビンソン博士がリーダーシップ、モーリーンが愛情、ウィルが知的好奇心といった長所を盗まれてしまい、腑抜けのようになります。そのうちセスマは、ドクター・スミスとドンのように、悪の心や攻撃的な心も必要だと分かり、二人の欠点?もラディオンに移そうとしますが、二人がそれに気付いていたため失敗します。セスマに捕まっていた二人ですが、ドクター・スミスがうまくラディオンを騙して、元の星に戻り、最後はフライデーがラディオンの機能を停止させます。何かちょっとセスマというマッドサイエンティストの雰囲気が「禁断の惑星」のモービアスをちょっと思わせました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.