スタートレックのファーストシーズンの”Dagger of the Mind”

スタートレックのファーストシーズンの”Dagger of the Mind”を観ました。これもまたマッドサイエンティストもの。ある囚人収容惑星へ荷物を送り、それと入れ替えに向こうから送られて来た荷物に脱走者が忍んでいて、カークを脅して亡命しようとします。しかし脱走者は捕まりますが、何故か自分のことをしゃべろうとすると非常に苦痛を感じています。ようやく聴き取った名前から、その人がゲルダー博士で、囚人収容惑星に1年前に送られた人であることが分ります。カークは犯罪心理学者のヘレン(以前カークとクリスマス・パーティーでダンスしたことがある)と一緒に囚人収容惑星に向かいます。そこの責任者はアダムズ博士でしたが、カーク達は、脳波を矯正するというあるマシンを見せられます。それはしかし、人の記憶を消して意のままに操るように出来る洗脳マシンで、エンタープライズ号に逃げて来たゲルダー博士は、そのマシンの実験台にされたのでした。夜中にそのマシンの効果を確かめていたカークとヘレンは、しかし博士達に捕まり、そのマシンで洗脳されそうになります。一度部屋に戻されたカークはアダムズ博士に植え付けられた偽の記憶でヘレンを抱きしめて連れ去ろうとしますが、ヘレンにそれは間違った記憶だと説明されて我を取り戻し、ヘレンにこの施設の高圧電源のスイッチを切るように命令します。再度カークはマシンで洗脳されますが、ヘレンが何とか高圧電源を切ったのでフォースフィールドが解除され、スポック達がやって来てカーク達を助け出します、といったお話でした。原子力潜水艦シービュー号でも、リー・クレーン艦長がおそらく中国かどこかで洗脳されるという話がありましたが、若干スタートレックのマシンが少しマシなだけで、お話としての深さが無いのはどちらも同じでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.