古今亭志ん生の「粗忽長屋」

jpeg000 66古今亭志ん生の「粗忽長屋」を取り寄せ。昭和31年の録音ですから、志ん生の「病前」のものです。録音があまりよくなくて聴き取りにくいです。お話しとしては、慌て者揃いの粗忽長屋の住人が行き倒れになった「自分自身の」死体を引き取るというシュールな内容です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.