三遊亭圓生の「真景累ヶ淵~豊志賀の死」

jpeg000 152今日のお噺は、三遊亭圓生(六代目)の「真景累ヶ淵~豊志賀の死」。先日聴いた志ん朝のと聴き比べになります。志ん朝も普通の落とし噺であれば、決して圓生に劣るものではないと思いますが、怪談噺に限ってはやはり圓生の年季が上回ると思います。
この前の噺の「深見新五郎」では、皆川宗悦の娘のお園は、深見新左衛門の息子新五郎を徹底して嫌い抜きますが、この「豊志賀の死」では、同じく宗悦の娘(お園の姉)の豊志賀は、深見新左衛門の次男である新吉をこともあろうに39歳にもなっての初めての男として好きになるのがちょっと不思議です。豊志賀が病気になって、新吉とお久のことについて焼き餅を焼いて、くどくど繰り言を述べるのは、新吉でなくても聴いていて嫌になります。聴いていてまったく楽しい噺ではないです。後半豊志賀の幽霊が出るところはさすがに怖いですが、全体的に何度も聴きたい噺ではないですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.