柳家小さんの「長屋の花見」

jpeg000 170今日の落語、五代目柳家小さんの「長屋の花見」。
私にとって、落語家というと浮かんでくるイメージがこの柳家小さんです。もっとも落語で聴いたというより、永谷園のCMでのイメージの方が影響が大きいですが。
「長屋の花見」は、ケチな大家さんが貧乏長屋の連中を連れて上野の山に繰り出すが、お酒と思ったら水で薄めた番茶、卵焼きと思ったら沢庵、蒲鉾と思ったら大根、とケチケチ。大家さんはお酒でもないのに酔っ払えと無理なことを言いますが…

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.