三遊亭圓生の「豊竹屋、夏の医者」

jpeg000-72本日の落語、三遊亭圓生の「豊竹屋、夏の医者」です。
「豊竹屋」は義太夫好きの旦那が寝起きに出鱈目な義太夫を勝手に創作してうなっている所に、これまた出鱈目な口三味線を演じるのが好きな男がやってきて、対決を迫る噺です。圓生は義太夫を子供の頃からやっていますから、こういう噺が得意です。
「夏の医者」は前に聴いているので省略。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.