「原子力潜水艦シービュー号」の”The price of doom”

「原子力潜水艦シービュー号」の”The price of doom”を観ました。ネルソン提督も忙しい人で、今回はある博士(元ナチスに協力していたという設定です)と、プランクトンを食用にする共同研究をやっています。ところが、そのプランクトンに熱を加えると、どんどん成長してとんでもない怪物に変化して人間を喰ってしまうという、なんだかほとんどウルトラQみたいな話でした。そこにまた「某国」のスパイが乗り込んでいて、シービュー号に爆弾を仕掛け、自分だけミニサブで逃げようとしますが、ミニサブの置いてある部屋には既に怪物化したプランクトンが待ち構えていて、そのスパイは食べられてしまいます。最後はクレーン艦長が外からハッチを開けて、南極海の冷たい海水を入れてプランクトンの怪物を退治して、という結末です。一応潜水艦ものですが、何でもあり、という感じです。次回はどうやらエイリアンが出てくるみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です