原子力潜水艦シービュー号の”Blow Up”

原子力潜水艦シービュー号の”Blow Up”を観ました。「またも」Welch脚本。そして最低の脚本を更新。ネルソン提督がミサイルの燃料が漏れているのを修理している時に爆発が起き、その時クレーン艦長から渡された非常用呼吸装置を使った後、性格が変わって被害妄想になり、やたらと威張り散らして権威主義になり、シービュー号を危機に陥れ、あげくの果てはランデブー予定だったアメリカの艦隊に対し魚雷を発射するという話です。リチャード・ベースハートは自身の演技力を示すことが出来てご機嫌だったのかもしれませんが、ヒーローであるべきネルソン提督にこんなひどい役柄を演じさせてはいけません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.