原子力潜水艦シービュー号の”No Way Back”(最終回)

原子力潜水艦シービュー号の”No Way Back”を観ました。これが110話目で最終回になります。ただ、最終回らしいオチがあった訳ではなく、おそらくこの回が作られた時点では第5シーズンがあるかどうかがまだ決まっていなかったんだと思います。そして最後もまたWelch脚本で、第4シーズンの第2話の”Time Lock”に出てきた、ミスター・ペムというタイムマシンを作り上げたマッドサイエンティストがまた登場します。ペムは前回高圧電流に触れて感電死した筈ですが、タイムマシンのパワーが少し残っていて、感電死の直前でどこかに転送されて助かったということにされています。この回で衝撃的なのは、冒頭でシービュー号がどこからの妨害電波を受け、その原因が分からないままに、シービュー号は大爆発を起こして大破して沈没、クルーは全員死亡、というシーンです。その後、サンタバーバラのネルソン提督の元へ復活したペムが現れ、彼ならタイムマシンを作って、シービュー号の爆破の前に戻って、シービュー号とそのクルーを救うことが出来る、という提案をし、ネルソン提督は藁をもすがる気持ちでその提案に乗ります。しかし、ペムはタイムマシンの暫定版を作り上げネルソン提督と一緒に爆発前のシービュー号に転送されると、実は既にタイムマシンは作り直されており、ペムの謀略でシービュー号は1780年のアメリカ独立戦争の時に飛ばされます。この辺りほとんどタイム・トンネルの世界です。ペムは歴史を変えて自分が英雄になろうとします。シービュー号にはベネディクト・アーノルドという軍人が乗り込んできます。アーノルドはアメリカ人なら誰でも知っている人で、独立戦争では功績を挙げたのに、それにふさわしい褒賞が無かったことに腹を立て、ニューヨークのウェストポイント砦をイギリス軍に引き渡そうと画策した裏切り者として有名です。その他スパイとして捕まって処刑されるイギリス軍のアンドレも一緒でした。クレーン艦長はシービュー号を秘かに潜行させ、艦を大きく揺さぶってその間にペムからタイムマシンのスイッチを取り上げます。ペムは逃げて、もう一つのタイムマシンを操ろうとしますが、動力がなく、リアクタールームの電力を使おうとしますが、そこにはクレーン艦長とコワルスキーが待ち構えていて、争いになりますが、最後は原子力エンジンの放射線を全身に浴びて今度こそ死にます。ネルソン提督はペムの残したタイムマシンのスイッチを押して、現在の爆発の直前に戻り、爆弾は結局ペムが仕掛けたものでしたが、それを見つけてミサイル発射口から外へ放出し、間一髪でシービュー号は救われます。今回は前回ペムが出てきた話よりは数段マシですし、アメリカ人が誰でも知っているベネディクト・アーノルドとアンドレが出てきたりして、それなりに楽しめた最終回ではありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です