宇宙家族ロビンソンの”The Curse of Cousin Smith”

宇宙家族ロビンソンの”The Curse of Cousin Smith”を観ました。この回も目茶目茶ナンセンスで、何とドクター・スミスの従兄弟が登場します。演じているのは原子力潜水艦シービュー号で時間を操る男ミスター・ペムを演じていた人です。何でも彼らの共通の叔母さんが大金持ちで、死んで大金を遺産に残します。それを相続出来るのがスミス一族で最後に残ったものということで、最後の2人がドクター・スミスと今回やって来たジェレマイアです。ジェレマイアはドクター・スミスがギャンブル好きなのを利用して、どこかに頼んでギャンブルマシンを送らせ、ドクター・スミスを借金漬けにして、そのギャンブルマシンに始末してもらおうという作戦です。しかし結局ジェレマイアもそのギャンブルをやって、二人とも負けてしまい、しかもその叔母さんの遺産を賭けに使ってしまったため、ギャンブルマシンは二人の内一人を殺そうとします。それで結局ロビンソン博士が介入し、ギャンブルマシン相手に、インチキなボール当てゲームの賭けをして勝ち、二人を救うという話です。ジェレマイアが何で宇宙を彷徨っていたのか、またドクター・スミスが遺産を相続したとしても、そもそも地球に戻れなかったら意味が無いと思いますが、その辺りはまったく説明無しです。何というか第2シーズンは本当に緩いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.