宇宙家族ロビンソンの”Collision of the Planets”

宇宙家族ロビンソンの”Collision of the Planets”を観ました。何というか60年代後半の「イカれた」雰囲気の回。何故かあるエイリアンの星で、邪魔者扱いされている宇宙バイカー達が、エイリアンの星に衝突しそうになっている星の爆破を命じられ、それが上手くいけば普通の市民に戻れることになっています。しかしその爆破しようとしている星にはロビンソン一家がいました。ロビンソン一家は警告を受けて飛び立とうとしますが、あいにくエンジンが爆発し、修理にかなりの時間がかかるという状況です。一方でドクター・スミスはエイリアンがパラシュートで落とした箱を空けようとして緑色のガスを浴び、一度仮死状態になりますが、意識を取り戻すと何故か髪の毛が緑色になり、かつものすごい力持ちになっています。髪の毛で強さというと、旧約聖書のサムソンを思い出しますが、こちらもほとんどそのままでエイリアンの女性に騙されて髪の毛を切られ、強さが無くなってしまいます。結局ロビンソン博士がエイリアン達が乗ってきたバイクを壊し、それを修理している間にジュピター2号は無事その星を離れる、という話ですが、TVではこの頃の若者がまだ偏見を持って描写されていることが良く分かるエピソードでした。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.