NHK杯戦囲碁 藤沢里奈女流立葵杯 対 小林覚9段


本日のNHK杯戦の囲碁は、黒番が藤沢里菜女流立葵杯、白番が小林覚9段の対戦です。白が両ガカリした右下隅から競い合いが始まり、白が右辺の黒の構えに打ち込んだため、黒と白で眼の無い2つずつの石が絡みあうという戦いになりました。黒はその競い合いの中で上辺を開いて地を稼ぎながら右上隅からの白にプレッシャーをかけました。白は右辺で2線のハネから上手く劫に持ち込みました。白の右下隅への2回目の劫立てに黒は受けずに劫を解消しました。この結果右下隅と右辺の下方の白が合体し、白は右上隅からの白だけをしのげば良くなりました。白はさらに右下隅からの黒にプレッシャーをかけ続けましたが、黒はその間各所で地を稼ぎ、地合は黒がリードになりました。しかし白の狙いは右辺からの黒石と中央を切断することで、狙い澄ました割り込みが炸裂し、黒2子を切り離し中央に16目ぐらいの白地が付いて白が逆転しました。しかしその後のヨセで黒が中央に取られた石の復活を匂わせて利かしに行ったのに受けずに左辺を打ったのが失着で、左辺の白の10数子が切り離されて取られてしまいました。こうなると左辺を打った目的だったヨセの手も無くなり、代償で黒の上辺を多少削りましたが白の損の方がはるかに大きく、白の投了となりました。藤沢里菜さん、強いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.