NHK杯戦囲碁 三村智保9段 対 上野愛咲美女流本因坊


本日のNHK杯戦の囲碁は、黒番が三村智保9段、白番が上野愛咲美女流本因坊の対戦でした。右上隅で白が上辺から掛かったのに小ゲイマで受けて白が隅に付けて二段バネで地を稼ぎに行った時、黒は押していって厚みを築きました。白は2度目の押しに受けずに右辺に打ち込みました。すかさず黒が上辺をハネ、白に受けさせてから右下隅を守りました。白は上辺でハネた黒を切って結局黒2子をポン抜き、上辺は厚くなりました。その代わり右辺には先着され、白1子のシノギが問題になりました。黒は右辺の白を攻めながら下辺をいっぱいに拡げました。すかさず白は下辺にも打ち込み、黒はこの石と右辺の石をカラミで攻める体制になりました。しかし下辺の黒で白が掛けた包囲網を脱出しようとした時に、俗手ぽく見える利かしを決めなかったため、すかさず白に割り込まれ、攻め取りながら黒5子を取られてしまいました。黒は気を取り直して右辺の白を攻め、結局白の一団の約半分を取り、右辺を大きく地にしました。白は右辺で取られた石の利きを利用して右下隅に打ち込みました。しかし下辺で黒の下がりが先ほど白が取り込んだ黒5子の攻め取りの関係で利いているのもあって白の策動は上手く行かず、右辺から右下隅が70目以上の黒地となり、黒が優勢になりました。しかし白は諦めずまず左辺で黒2子を取り込み、また上辺の白地模様に黒がケイマで進出した隙を捉えツケコシでこの1子を切り離しました。これに黒がまともに対応すると先にシチョウで取っていた白の逃げ出しが成立するという仕組みでした。この切り離しにより上辺の白地は大きくまとまりここで白が逆転しました。終わってみれば、白の3目半勝ちでした。上野愛咲美女流本因坊のチャンスを逃さず斬り込んでいく鋭い打ちぶりが光っていました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.