「巨人の惑星」の”The Golden Cage”

「巨人の惑星」の”The Golden Cage”を観ました。巨人の惑星に遭難した一行はある日、ガラスの瓶の中に入れられた若い女性を発見します。それはまさしく彼らと同じサイズの人間でした。ビジネスマンのマークが彼女を救おうとしましたが、それは以前行方不明になったマークの親友の娘マーナでした。しかし、マーナは自分が巨人達の実験動物として飼われていることに気付かず、巨人達が自分に良くしてくれているから、マーク達も一緒に住もうと誘います。しかしマークは彼女の家の壁の向こうに何やら実験装置のようなものがあることを察知し、彼女の家から出ます。その時マーナは巨人達からの贈り物だとして緑の箱を渡します。その中には巨大なダイヤが入っていましたが、実は箱の中に発信器がセットされていました。それでマークはやはり巨人達の悪意を確認し、発信器付の箱は野生の七面鳥(フィッチューが捕まえようとしていた)にくくりつけて、巨人達の追跡を躱すという話。でも結局マーナは巨人達の実験材料のままなのか何も説明もなく尻切れとんぼなお話でした。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.