「巨人の惑星」の”The Flight Plan”

「巨人の惑星」の”The Flight Plan”を観ました。今回のは新しい展開で、巨人がある薬を使って地球人と同じサイズになり、油断させて捕まえようとするという話です。しかしそんな人間のサイズを自由に変えられるような科学力があるんだったら、地球人の小人を一生懸命追い回す必要は無いと思うのですが…
まあお話はジョーという元々巨人でサイズを縮めているのが、巨人達に追われている振りをして地球人達に近付いて、そしてスピンドリフト号の燃料となるPropellant(燃焼促進剤、多分過酸化物か何か)のありかを教えるということになります。ジョーが巨人達と通信しているのを見たベティーが巨人に捕まりますが、まずはPropellantを盗みに入り成功します。しかしジョーが逃げ遅れて捕まってしまったのを、キャプテン達が助けます。ジョーは次第に地球人達の同情的になり、ベティーを解放しようとします。最後はPropellantを爆発させるという脅しで全員を無事に避難させた後、残りの巨人もろとも自爆します。しかし小さくなる薬があるんだったら大きくなる薬もある筈で、地球人達がそれを手に入れれば取り敢えず巨人の惑星で生きていけるのではないかという矛盾を感じました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.