スタートレックのファーストシーズンの”Miri”

スタートレックのファーストシーズンの”Miri”を観ました。エンタープライズ号がある日何かの救援要請信号をキャッチしそちらに向かってみると、何と地球とまったくうり二つの惑星でした。その星に降り立ってみると、そこは1960年ぐらいの地球そのままでした。しかし何故か町は荒廃し、人の姿は見えません。しばらくして少女を発見し、何故か大人は全て死に絶えており、子供達だけが生き残っています。その大人達を殺したのは何かのウィルスで、スポックを除く一行全員にも感染の印であるミミズ腫れが出来ます。病院に残されていた文献を調べた所、そこでは人間の寿命を延ばす計画に成功しており、100年間がわずか一ヵ月分の成長にしかならない、というものです。(1960年代の地球と同じで、何故そんな高度なことが出来たのかが疑問ですが。)ドクターマッコイがウィルスを調べ、結局子供は感染せず、思春期になると感染することが分ります。ドクターマッコイがワクチンを作ろうとしますが、子供達が一行のコミュニケーターを盗んでしまったため、ワクチンをどのくらい打てば良いかの計算をエンタープライズ号のコンピューターで行うことが出来ません。カーク船長は少女ミリを使って残りの子供達に会い、子供達も時間の問題でウイルスに感染すること、そうでなくても食料が後半年で無くなることを説明し、コミュニケーターを取り戻します。しかしカークが戻る前に、ドクターマッコイは自分の体でワクチンを試しますが、倒れてしまいます。しかしマッコイは何とか死なずに済み、またウイルスのミミズ腫れが引いていくのが確認されました。
今、丁度新型コロナウイルスの話題が出ていますが、やはりワクチンというのは安全性の確認が重要なのだということを教えてくれるエピソードでした。しかし、地球と同じ星が何故存在しているのかとかの謎解きはありませんでした。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.