NHK杯戦囲碁 山城宏9段 対 謝依旻6段


本日のNHK杯戦の囲碁は、黒番が山城宏9段、白番が謝依旻6段の対戦です。山城9段は参加者中最年長の62歳です。山城9段というと、昔本因坊戦だったかと思いますが、趙治勲名誉名人と7番碁を戦ったことを思い出します。布石ではAIの判定では黒がややリードで、特に右辺に大模様を張りました。白はその黒の模様を早い段階で肩付きなどで消しに行くという選択肢がありましたが、他を打ち、右辺はさらに黒に打たせました。そして右上隅で黒が星から両方に小ゲイマに開いた格好の所に対し、星の右側に付けて行きました。ここだけで活きることは出来ず、捨て石にして上辺か右辺での利きを利用しようという白の作戦でした。結果的にこの作戦が奏功し、3子にして捨てた白石を黒は完全に攻め取りにしなければならなくなり、上辺での利きが有効で、AIの判定は白のリードに変わりました。しかしその後黒は右辺から中央の模様を更に拡げました。ここで白は浅く臨み、軽く消す方針でしたが、黒が中央から上辺にケイマで煽ったのを受けられず中央を飛んだため、黒は上辺に進出して白地を減らすことが出来、また黒が盛り返しました。結局中央の白とその左側の黒がどちらも眼がなく激しい戦いになりました。その戦いの中、白は左辺を2つに割って上下の黒を攻めました。左辺下の黒は比較的簡単に活きましたが、上方の黒が白に包囲されると眼が不確かで、黒は後手で活きに行く手はありましたが、敢えて白との攻め合いの道を選びました。しかし、これはどこかに誤算があったようで、攻め合いは白の方が数手長く、左辺上方の黒が全部取られてしまいました。これで地合は白が大きくリードしました。更に中央は白と黒で活き活きになり、その結果白は右辺の黒模様を大きく消すことが出来ました。黒は最後まで打ち続けましたが、逆転のチャンスは無く、白の11目半勝ちに終りました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.