NHK杯戦囲碁 伊田篤史9段 対 上野愛咲美女流棋聖


本日のNHK杯戦の囲碁は、黒番が伊田篤史9段、白番が上野愛咲美女流棋聖の対戦です。豪腕 対 ハンマーパンチという無茶苦茶かみ合う対戦です。布石は伊田9段が5の5から大目はずしという意欲的な布石でした。形勢が動いたのは、左上隅での星の白に対しての黒の両ガカリからの一連の折衝で、黒が三々に入ったのに、白がコスんで受けたのが私には疑問で、白は黒に地をかすられた上に根拠を奪われ、狙われる石になったのは疑問に思いました。黒はその左上隅からの白の中央にケイマしている所の切断を狙ってシチョウアタリが目的で下辺の白にヨコヅケしました。白がここで後手を引くと左上隅からの白を切断されるため、白は左辺の黒に付けて行き、1子を犠牲に切断を防いで下辺に回りました。次に焦点は右辺での黒模様がどの位まとまるかでしたが、今度は白が右下隅から延びる黒にツケギリし、それを手がかりに右辺の黒地を制限し中央を手厚くしました。左下隅は黒が地を掠めていましたが、白から打てば劫残りでした。白は中央の孤立した黒に利かしを打って劫材を減らしてから左下隅の劫を決行しました。黒の劫材で中央の白に迫ったのが無劫で、白は左下隅を取り切って大きな戦果を挙げ、ここで白が優勢になりました。しかし差は数目で、ヨセでAIの形勢判断は揺れ動きましたが、結局白の2目半勝ちに終わりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.