キャプテン・スカーレットの”Dangerous Rendezvous”

キャプテン・スカーレットの”Dangerous Rendezvous”を観ました。今回のミステロンズの狙いは何とスペクトラムの本部基地であるクラウドベースで、真夜中に爆破すると予告します。一方、前回月面のミステロンズ基地から持ち帰ったエネルギー源のクリスタルを研究し、それを使ってミステロンズと通信出来ることが判明します。カーネル・ホワイトはそれを使ってミステロンズにそもそもこちらがミステロンズの火星の基地を攻撃したのは誤解からということを説明し、和平を提案します。2時間後、ミステロンズから返事があり、アイスランドのある荒地に通信装置も武器も無しで一人を寄越すようにということで、キャプテン・スカーレットが志願します。スカーレットはその地点に近付くと飛行機は放棄し、パラシュートで脱出するよう命じられます。会見ではミステロンズ側の映像は見ること出来ず声だけが流れます。しかしそれはキャプテン・ブラックで、彼はテープレコーダーで同じメッセージ(そちらが始めた戦争でありミステロンズは復讐を継続する)だけが流れ続け、ブラックは姿を消します。録音に気がついたスカーレットがガラスを割って録音機を見ると、その側には例のエネルギー源のクリスタルがあり、点滅を始めていました。すぐに爆発することを悟ったスカーレットは不死身の力でなんとか脱出します。スカーレットはホワイトベースにあるクリスタルも同様に爆発することを察知し、それこそがミステロンズの予告の正体であることを見破ります。しかし通信装置を持っていないため、至近の通信基地まで行って、そこでリード線を切断した上で、接触と切断を繰り返してモールス信号をホワイトベースに送ります。間一髪でホワイトベースに伝わり、クリスタルが窓から捨てられて、ギリギリ助かるという話です。
しかし通信基地の装置が真空管だったのは笑えました。この番組は1960年代だからその時代に真空管はいいとして、近未来の設定の筈が未だに真空管というのがちょっとミスマッチでした。何となくKT88のプッシュプルぽかったです。(笑)ドラマの中で、ミステロンズのクリスタルを解析して通信装置を作った科学者がスペクトラムの通信システムについての説明を受けて「何て最先端の仕組みなんだ!」と感嘆する場面があり、最後の真空管はわざとそれと格差を付けたんだと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.