キャプテン・スカーレットの”Special Assignment”

キャプテン・スカーレットの”Special Assignment”を観ました。今回のミステロンズの予告は何と北米全体の破壊です。これまでロンドンとかニューヨークの都市を潰滅させるはありましたが、今回は規模がまったく違います。それに対してカーネル・ホワイトが取った対策は、キャプテン・スカーレットにラスベガスのカジノでルーレットをやらせて5,000ドルすらせる、というもの。スペクトラムの規則で、ギャンブルは禁止でそれをやったキャプテン・スカーレットはスペクトラムを首になります。そこにキャプテン・スカーレットが金に困っているとみて近付いて来たのがミステロンズのエージェントということでかなりご都合主義です。その目的はキャプテン・スカーレットによってスペクトラムのSPVを奪い、それに核兵器の起爆装置を積んで、アリゾナのニュークリア・シティという核兵器基地に突っ込ませて、すべての核兵器に連鎖反応を起させて爆発させようというもの。キャプテン・スカーレットは追いかけて来たキャプテン・ブルーを銃で撃ってミステロンズへの忠誠を見せますが、それは麻酔銃でした。結局SPVを運転しながら、煙を出し、エンジェル達が追跡しやすくします。スカーレットは結局ミステロンズのエージェントに撃たれますが、例によって死なずに脱出し、SPVはエンジェルスの攻撃で爆発という話です。まあ、あちこちに辻褄の合わないことがありますが、まあこんなもんでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.