アウター・リミッツの”The Architects of Fear”

アウター・リミッツの”The Architects of Fear”を観ました。
またエイリアンものですが、そのエイリアンがとてもグロくて悪夢に出てきそうです。(このグロさのため、このエピソードはアメリカの多くの州で放送禁止になったみたいです。このためここの写真もいつもよりサイズを小さくしています。)
冒頭で核ミサイルがあるアメリカのどこかの都市を目がけて飛行しており、人々が逃げ惑っています。そのしばらく後、キノコ雲が立ち上ります。
その録画をある部屋で10人くらいの科学者が集まって観ており、これを止めるためには人類が共通の恐怖を持つ必要があるという結論になります。そこで彼らはクジを引いて、アレン・レイトンという男が当たりになります。彼らの計画は、たまたま捕まえたどこかの星のエイリアンをモデルにして、人間を一人エイリアンに改造して宇宙船に乗せ、国連ビルの中庭にそのロケットを降り立たせ、そのエイリアンに地球侵略の計画を語らせ、それによって敵対する国同士の団結を図ろうとするものです。レイトンにはイベットという奥さんがいますが、レイトンは突然事故で死んだことにされます。レイトンは身体の組織を変性させる薬を注射され、また内蔵も取っ替えられて、窒素を呼吸するようになります。そしてロケットに乗せられ衛星軌道に送られました。しかし、再び大気圏に入ったそのロケットのカプセルは、国連ビルでは無く研究所を目指していました。直感でそこにやって来たイベットは、そのエイリアンが、額を縦に撫でる魔除けのおまじないのポーズをやったことから、それがレイトンであることを理解します。しかしレイトンは何かの身体の不調でそのまま死んでしまいます。しかし、最初に捕まえたエイリアンはどこからやって来たか不明ですし、また人間を改造してエイリアンにしなくても、偽の動画でも作って衛星軌道状から地球に向けて放送するとか、色んな手がありそうに思います。ともかく話が暗くて辟易しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください