国枝史郎の「任侠二刀流」の広告

未読の白井喬二作品を求めて、「大衆文藝」の第二巻第五号を買いました。しかし、残念ながら外れで、白井作品はこの雑誌には載っていませんでした。しかし、未読の国枝史郎作品の広告を見つけました。「任侠二刀流」という作品です。ググってみたら、この作品は未知谷から出ている国枝史郎作品集の第二巻に載っていました。また青空文庫では作業中の作品に入っていました。それはいいのですが、注目すべきは作品名の右に書いてあることで、「発売禁止を命ぜられんとせしも辛ふじて二三五頁削除漸く許可せらる。」とあります。「二三五頁」が2、3、5ページという意味なのか、235ページという意味なのか判然としませんがたぶん後者でしょう。元は新聞連載だということですが、何がそこまで当局の逆鱗に触れたのかが興味があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.