柳家小三治の「初天神、時そば」

jpeg000 180今日の落語、柳家小三治の「初天神、時そば」。
「初天神」はある父親が、子供の金坊を初天神に連れて行くが、途中色々な食べ物をねだられて、あげくの果ては高い凧まで買わされてしまいます。ところが、いざ凧をやり出したら、親父の方が夢中になって子供に「親父なんか連れてくるんじゃ無かった」と言われるサゲです。昔、私が子供の時に、6石のトランジスターラジオのキットをお年玉のお金で買ってきたら、亡父が「お前が作ると壊す」とかいって取り上げて自分で作ってしまったのを思い出しました。
「時そば」はあまりにも有名なお噺。サゲは当然知っていましたが、それより面白いのは最初の夜の蕎麦屋と次の夜の蕎麦屋のあまりの対照ぶりでした。成功者を真似してやってみて失敗するっていうのは落語の一つのパターンですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.