NHK杯戦囲碁 金沢真7段 対 山城宏9段

jpeg000-4本日のNHK杯戦の囲碁は、黒が金沢真7段、白が山城宏9段の対局。序盤黒は下辺と右辺に展開し、右辺に白が割り打ちしたのに黒が付けていき、白が跳ねて黒が引き、白が継いで黒が曲がった時に白は隅に付けていきました。黒が跳ねて白は切り違いました。この後の折衝で白は右辺の黒3子を取ってうまくさばきました。ここで白が優勢になりましたが、黒は右辺の白に付けていき、取られた3子を利用して白を4目中手にすると脅かし、結果として下辺から中央にかけて大きな地模様を築くことが出来ました。白はこの地模様を上から浅く消しに行きました。(写真の場面)黒はこれに対し下からは受けずに攻めを見ました。その後の折衝でこの黒の攻めは不発で、白に2手手を抜かれて上辺と左上隅を囲われてしまいましたが、中央の白には簡単に活きられてしまいました。ここで白が逆転して優勢になりました。黒はその後中央に地を付けようとしましたが、侵入してきた白に対し劫を挑みました。しかしながら、黒は劫材が続かず、右辺で損劫を打たされました。その右辺もまた劫になり、あちこちで劫が残って目まぐるしい展開でした。黒は追い上げましたが、わずかに足らず、終わってみれば白の半目勝ちでした。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *