NHK杯囲碁 三村智保9段 対 羽根直樹9段

jpeg000-26本日のNHK杯戦の囲碁は、黒番が三村智保9段、白番が羽根直樹9段の対戦。序盤黒と白がお互いに中央に飛びあった状態で白の羽根9段が仕掛け、黒の一間飛びに中央から覗いて継がせ、すかさず黒がケイマに飛んだ所をつけこしていきます。覗きが働いて、黒が普通に切ると愚形になるという仕掛けです。その後の折衝で白は左辺を破ることが出来ました。この辺りで白が打ちやすい形勢になったようです。白はその後黒が上辺を囲おうとしたのに、すかさず上辺に左上隅からの連絡を見ながら侵入しました。これに対し黒は取られている2線の黒を引っ張り出して、締め付けを狙いました。その結果、白は上辺で地を稼ぎましたが、その代わり中央の白の大石が危なくなりました。しかし白はうまく劫に持ち込みました。劫材は白に多く、結局黒は包囲している自分の石を活きねばならず、劫は白が勝って、ここで白が勝勢になりました。その後白は黒の下辺に置いていく巧妙なヨセを見せ、ここで黒の投了となりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.