山川惣治原作、川崎のぼる絵の「荒野の少年イサム」

山川惣治原作、川崎のぼる絵の「荒野の少年イサム」全五巻読了。この作品はリアルタイムで読んでいましたが、結末の所は読んでなかったので、今回ちゃんと読めて良かったです。この作品に出てくる、ビッグ・ストーンという黒人のガンマンはとても魅力的な脇役ですが、実はこれは原作にはなく、川崎のぼるが付け加えたものなんだそうです。イサム全編を通して最大の山場は、イサムとビッグ・ストーンの一昼夜に及ぶ決闘だと思うので、この作品への川崎のぼるの貢献度って大きいと思います。今になって読んでみると、結構色んな西部劇の影響が各所に感じさせられますが、マカロニウェスタンではない、うどんウェスタン(?)とでもいうべき、優れた作品だと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.