フェザー プロフェッショナル アーティストクラブSS レザー ブラック

これは、「フェザー プロフェッショナル アーティストクラブSS レザー ブラック + プロガード PG-15 15枚入り セット」です。いわゆる現在の理髪店で使われている、通称Shavette(これは元々Dovoの商標みたいです)と呼ばれる替刃式のストレートレザーです。海外のサイトでお勧めのストレートレザーのリストを見ると、必ずこれが上位に入っているので興味が湧いて買ってみました。ちなみに刃にはいわゆる「すべらなーい」の横滑り防止がついています。なので刃を爪に当てても当たりません。
実際に使ってみた感想ですが、基本的には良く剃れて問題はないです。両刃の安全剃刀よりも良く剃れます。ただ、普通のストレートレザーは肌に対して30°くらいの角度で剃りますが、このレザーは刃が固定部から少し顔を出している構造なので、もう少し立てないと刃がうまく肌に当たらない感じです。35~40°ぐらいの感じでしょうか。また、フルハローのストレートレザーでは、剃る時の音が気持ちいいですが、このレザーはしっかり固定されているので音は出ず、その点では楽しくはなく、ベタ刃のストレートレザーの剃り味に似ています。それから、下唇の下の顎部を剃るのは、皮膚をうまく引っ張って剃らないとストレートレザーでは肌を切りやすい箇所ですが、このレザーではあんまり気にしないで剃って肌を切ることもなく綺麗に剃れました。ただ、鼻と上唇の間の部分は、このレザーでも難所であり、一応綺麗には剃れましたが、深剃りしたらちょっと血が滲んでしまいました。この点はストレートレザーと大きな差はありません。後は使い捨てなので、コストの問題さえ無ければ(このプロガードの刃は1枚70~80円ぐらいです。理髪店では衛生管理の理由で使い捨てでしょうが、同じ人が使う分には普通の安全剃刀と同じで最低でも5~6回は使えると思います。)、革砥で磨いたりクリーニングしたりする手間がないのは優れていますが、個人で使っている分にはその辺もまあ楽しみの一つなので、大きなメリットではありません。トータルの感想としては、さすがにプロが使う道具だけあって、出来としては優等生的だと思います。ただ、問題点は刃を挿入するのは比較的簡単ですが、取り出すのがどうやればいいのかちょっと分からず、結局ラジオペンチではさんで引っ張り出しました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.