ポビドンヨードの色落とし

私が書いた家庭用消毒剤についての記事を見て、どのくらいの方がポビドンハンドウオッシュとかイソジンウオッシュみたいなポビドンヨード製品を買われたか知りません。もし、ポビドンヨードを使って服にシミが出来た場合は、以前は右のハイポアルコールを紹介しました。これはチオ硫酸ナトリウム(ハイポ)をエタノールに溶かしたもので、病院で使っているのはこれです。(手術する患者の皮膚の消毒にポビドンヨードを使いますが、まれですが色が皮膚に染みてしまったりする場合があり、その場合このハイポアルコールで拭き取ります。)
しかし、ハイポアルコールは一瓶1000円以上するんで、左の金魚の水槽用の水道水のカルキ抜きに使われる、固体のハイポを試してみました。適量を水に溶かして、ポビドンヨードを付けたキッチンペーパーを漬けてみたら、見事に簡単に色が落とせました。こちらは熱帯魚ショップなどで270円くらいで売っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.