スタートレックのファーストシーズンの”The Corbomite Maneuver”

スタートレックのファーストシーズンの”The Corbomite Maneuver”を観ました。これも大昔ムック本でストーリーを読んで知っていました。今まで見た中では異星人とのコンタクトものでは初めてと思います。エンタープライズ号が宇宙のある所で、3色に光りながら回転するキューブ状のブイのようなものを発見します。エンタープライズ号が回避しようとしても逃げようとしても付いてくる上に、何かの放射線を放出しているため、ついにカークはフェイザーで攻撃して消滅させます。そうすると今度は巨大な人工惑星が現れ、そこから通信が入り、ファーストフェデレーションのバロックと名乗る、凶悪そうなエイリアンが、10分後にエンタープライズ号を消滅させると通告してきます。スポックは、チェスならチェックメイトだと言いましたが、カーク船長はこれはチェスではなくポーカーだと言い、相手のバロックに向かい、地球の宇宙船は攻撃された相手を確実に葬るコルボマイトという物質を含んでいる、というブラフを示します。これが利いて、相手はエンタープライズ号を破壊せずに、今度は小型の宇宙船でエンタープライズ号をけん引していこうとします。カークはこれにワープエンジンを焼き切れる寸前までのフルパワーで対抗し、さらにインパルスエンジンも使います。この結果、先方の宇宙船のエンジンも焼き切れてしまいます。先方の宇宙船からはSOSが発信されますが、誰も応答が無い、という状況を見て、カークはバロックを救助することを決めます。そして相手の宇宙船に行ってみれば、実は凶悪そうな姿は単なるダミーで、本物のバロックは地球人の赤ちゃんみたいな風貌で、これまでの行動でエンタープライズ号の平和的な意図が確認出来たとして、友好を結ぼうとします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.