スタートレックのファーストシーズンの”The Squire of Gothos”

スタートレックのファーストシーズンの”The Squire of Gothos”を観ました。エンタープライズ号が宇宙の砂漠ともいうべき何もない星系を航行していた時、突然惑星が姿を現します。その時、エンタープライズ号を操縦していたスールーが突然消え、それを確かめようと近付いたカークも消えてしまいます。スポック達は、生物の生存にはまったく適していないその星をスキャンして、一箇所だけ生物が生存出来そうなエリアを発見し、そこにドクターマッコイを含む4人を転送して、カークとスールーを探させます。一行が転送されたのは欧州のナポレオン時代の屋敷の中でした。カークとスールーはそこに連れ込まれていました。そこにいたのはナポレオン時代の騎士の格好をしたトレレーンと名乗る正体不明の男でした。スポックが一行の居場所を突き止め、一度は全員をエンタープライズ号にも転送して戻します。しかしトレレーンがエンタープライズ号の中に現れ、クルー一行を元の惑星の屋敷の中に連れて行きます。カーク達は、その男が操る不思議な力が何かの機械によって行われると思い、その男をわざと怒らせて決闘に持ち込みます。カークは渡されたピストルで男ではなく、鏡を撃ちそれを破壊します。そうすると屋敷が消え、カーク達は無事転送でエンタープライズ号に戻ることが出来ました。しかし、エンタープライズ号が全速でその惑星から離れようとすると、何とその惑星自体がエンタープライズ号を追ってきます。結局カークが単身でまたトレレーンの屋敷に戻りましたが、そこは法廷でカークは死刑を宣告され絞首刑にされそうになります。しかし、カークは別のゲームをもちかけ、トレレーンが森の中を逃げるカークを追うといことになります。カークは何とかトレレーンの刀を折りますが、簡単にそれは再生されてしまいます。あわやという所で空から2つの声が聞え、それはトレレーンの両親でした。その星は彼らがある意味トレレーンのおもちゃとして与えたものでしたが、あまりに悪戯が過ぎるということで、トレレーンは連れ戻され、カークは無事エンタープライズ号に戻って出発します。うーん、ちょっと説明不足でイマイチのお話でした。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.