「巨人の惑星」の”Sabotage”

「巨人の惑星」の”Sabotage”を観ました。この回で何と言っても嬉しかったのは、タイムトンネルのダグ役のロバート・コルバートがゲスト俳優で出て来たことです。そのコルバートがやっているのが、きわめて怪しげな警官で、地球人を捕まえてその科学力を得るために、地球人が鉄道の橋を爆破するというでっち上げの破壊工作を起こし(まるで昔の関東軍みたいです(^_^;))、それを使って地球人達が破壊活動を行っている証拠とし、国民を焚きつけて地球人達を捕まえさせようとします。そしてその悪徳警官の陰謀に対抗するために、キャプテン達は、巨人用の電話のダイヤルを回して上院議員に電話をかけ、その陰謀を暴こうとします。しかし、悪徳警官はそれを逆用して上院議員が鉄道の橋爆破を事前に知っていたとして脅迫します。最後は結局、非常にご都合主義でその悪徳警官の事務所の机の中にテープレコーダーがあり、キャプテンが実際に橋の爆破を行った人間を挑発して本当のことをしゃべらせ、それを録音して上院議員に渡して悪が暴かれるというオチです。ロバート・コルバートはタイムトンネルでもナチスの将官になったりしていましたが、悪役をやらせた方が上手いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.