NHK杯戦囲碁 羽根直樹9段 対 横塚力7段


本日のNHK杯戦囲碁は、黒番が羽根直樹9段、白番が横塚力7段の対戦です。この碁の焦点は左辺の攻防で、左辺の上方と左辺の下方のどちらを重視するかという判断が問題になりました。左辺で黒が白の大きく開いた所に打ち込んで行きましたが、白も上辺の上の方の黒とその打ち込んだ黒の間を割いていき、ねじり合いになりました。黒は下方を重視し、左下隅にかかった白3子を包囲する手を打ちましたが、白は逆に上方を重視しました。左辺上方の黒は白に完全に止められたのがいたく、活きるために2度手を入れ、なおかつ後で4の8に当てられて左辺の白の眼の足しにされたのは辛かったと思います。それに対し左辺下方は、確かに黒が包囲したといっても白は下に付けていって脱出を図り、結局白は1子と4子を犠牲にして下辺に脱出しました。この収支は明らかに白が得で形勢は白に傾きました。その後黒は右下隅に付けていってそれなりに地をもって治まりましたが、白も上を厚くして、黒が右辺に地を作るのを阻止したので、差はそれほど縮まりませんでした。この後、右辺で色々あり、黒が右下隅から白を出切って行きましたが、白はその間に中央に飛んで中央の黒地を大きく削減しました。黒は右辺の白を取ってしまおうとしましたが、結局攻め合いになって白の一手勝ちで活きたため、ここで黒の投了となりました。横塚力7段の戦い方の上手さが光りました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.