TU-8200R用の真空管ガードの作成

エレキットの6L6GCシングル真空管アンプTU-8200R(KT77に差し替え)ですが、そのままだと出力管の上部がアンプ本体より出ていて、もし上から何か落ちてきたりしたら一発で出力管がやられます。なのでAmazonで適当に見繕ったもので真空管ガードを作りました。使ったのは別の真空管アンプ用ガードで単体で売られていたもの
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07N4CB75T/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o04_s00?ie=UTF8&psc=1
と、何とメッシュの金属の「ペン立て」です。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B089ZVXJMY/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o05_s00?ie=UTF8&psc=1
このペン立てが実に絶妙に丁度いいサイズ(12.4 x 9.8 x 9.7 cm)であり、EL34でもおデブのKT88でもオクタルベースの5極管・ビーム管ならほとんどOKです。まずはくっついてる紙の装飾を取り除き、次に底に付いているゴム足みたいなのをカッターで削ってベンジンで拭いて取り去ります。そしてこのままだと上部に熱がこもる危険性があるので、ドライバーセットについていた先端の尖った奴をプラスチックハンマーで叩いて6箇所穴を開けました。そしてガードとこのペン立てを最初両面テープで固定しようとしましたが、接触面積が小さいので上手くいかず、結局すずメッキ線が手元にあったので、先ほど開けた穴を通して縛って固定しました。そしてこれを側面をガムテープで固定して完成です。メッシュの金属ですので、真空管のヒーターのオレンジ色もちゃんと見えます。出力管を交換する時はガムテープを外すだけです。見た目はもう一つですが、真空管保護という意味では十分目的を達成しました。また熱が籠もらないかをちょっと懸念していましたが、ペン立て部とガード部が接触しているため、ガードがある意味大きなヒートシンクとして放熱に貢献しているようで、まったく問題ありませんでした。

One thought on “TU-8200R用の真空管ガードの作成

  1. Pingback: KT88全段差動プッシュプルアンプ用真空管ガード | 知鳥楽/ Chichoraku

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.