NHK杯戦囲碁 高尾紳路9段 対 瀬戸大樹8段


本日のNHK杯戦の囲碁は、黒番が高尾紳路9段、白番が瀬戸大樹8段の対戦です。四隅が対抗の星打ちで始まりましたが、右上隅で白が三々に入った後の変化が珍しく、黒が右辺で白を突き抜いて好形になり、白は黒の1子を切って取った後に上辺に延びて、自然と黒の右辺、白の上辺という模様の張り合いになりました。その模様の接点で黒がハネたのをすかさず白は切り、黒もまた切り返し、戦いが始まりました。しかし白は結局3子を捨て、その代償に上辺と左上隅の模様を拡げました。黒はすかさず左上隅に付けて行きました。しかしその後の折衝で黒は連絡を断つのと左辺の断点を切るのとの見合いの手を白に打たれ、黒は左辺を優先して継ぎ、最初に付けた所の黒3子は取られました。しかし黒はそこからが上手く、取られた石を使って中央を補強し、その後中央の白について出切りを敢行し、中央の白を切り離しました。白は右辺を荒らしたい所でしたが、中央をまず逃げる必要がありました。中央を逃げた後、待望の右辺打ち込みに回りましたが、右下隅をある程度荒らしましたが、黒が右辺を大きく地にし、黒が優勢になりました。その後、また中央の白が攻められ、白は左辺の黒を攻めて逆襲しようとしましたが、黒に逆襲されて中央のタネ石を取り込まれてしまいました。こうなると中央の黒地も大きくなり、また弱い石が無くなりました。白は中央の石の尻尾の部分を下辺になだれ込んで活きましたが、代償に中央と連絡した左下隅の白の一段を攻められ、ほとんど眼2つにされたのは辛かったです。既に地合は大差で黒が良く、右下隅の折衝で若干白が得をしましたが、黒が堅実に打った結果であり、この後白は投了しました。これで3回戦が終了し、来週から準々決勝です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.