スター・トレックの第3シーズンの”Let That Be Your Last Battlefield”

スター・トレックの第3シーズンの”Let That Be Your Last Battlefield”を観ました。エンタープライズ号は惑星アリアナスで疫病が流行ったのを消毒するためにそこに向かっている途中で、数日前に盗まれた連邦の脱出シャトルが宇宙空間に漂っているのを発見し、牽引ビームで収容すると、その中には窒息しかけた、惑星シェロンから逃げて来たロカイという男がいました。ロカイは体の左半分が黒で右半分が白でした。そうしていると今度はまた別の見えない宇宙船がエンタープライズ号にぶつかりそうになりますが、ぶつかる寸前に宇宙船は消え、代わりにやはりシェロンの男であるベレがエンタープライズ号に転送して来ます。ベレはロカイがシェロンの政治犯であるといい、惑星シェロンに行くように依頼します。カークはアリアナスへ行きその後は第4ベースに戻って二人を引き渡すといいます。そうするとベレは何かの力でエンタープライズ号の制御を奪い、エンタープライズ号はシェロンに向かいます。しかしカークはエンタープライズ号の自己破壊コマンドを発動させ、カーク、スポック、スコッティがそれぞれ暗号を言うことで、エンタープライズ号は爆発寸前になり、ベレが折れて、エンタープライズ号はアリアナスに向かいます。そこで消毒を終えて第4ベースに戻ろうとしたら、ベレは自己破壊装置を破壊し、エンタープライズ号を再び惑星シェロンに向かわせます。ベレはロカイとは黒白が左右逆で、二つの種族はベレの種族がロカイの種族を長年奴隷にして搾取して来ていました。しかし、シェロンに近づいてみると、そこでは二つの種族の間の最終戦争が勃発してしまっており、惑星上に生存者はいませんでした。それでも二人はお互いに争いを続けながら、転送装置でシェロンに降りたって行った、というものです。ロカイとベレの色の違いは、エンタープライズ号のクルーは最初は誰も気がついていませんでした。またエンタープライズ号の自爆システムが最初に出てきたエピソードです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.