囲碁プロ棋士は戦国時代へ

将棋のタイトルは今後ほぼ藤井聡太竜王の1択の時代が続くと思いますが、囲碁は戦国時代になりつつあります。まだ井山裕太4冠王が3大タイトルをがっちり握っている所に、一力遼9段が名人戦であと一歩まで追い詰めながら逆転負けし、今度は1月から始まる棋聖戦でついに井山4冠王を倒すか、という所で何とその一力遼9段を倒す若手が早くも現れました。これは本当に驚きです。

関七段が天元奪取、プロ4年8カ月の史上最速

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.