小林信彦の「虚栄の市」(2)

小林信彦の「虚栄の市」、今読んでいますが、ひどく読みにくいです。色々実験的な手法を取り入れていますが、必然性が感じられず、肩に力が入りすぎている感じです。後年のサービス精神はまだ見られないです。後、何か人間に対する不信感のようなものも感じられます。

2 thoughts on “小林信彦の「虚栄の市」(2)

  1. Pingback: 小林信彦の「虚栄の市」 | 知鳥楽

  2. Pingback: 小林信彦作品についてのエントリー、リンク集 | 知鳥楽

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.