NHK杯戦の囲碁 井山裕太棋聖 対 小林覚9段

jpeg000-57本日のNHK杯戦の囲碁は黒が井山裕太棋聖、白が小林覚9段の対局です。井山棋聖は7冠王ですが、このNHK杯戦だけ優勝が無く、準優勝が最高です。(これに対し将棋の羽生さんは全冠制覇の時はNHK杯も取っています。)しかし東アジアの早碁大会で優勝していますから、早碁が不得意という訳ではありません。対する小林9段は井山棋聖と10戦して5勝5敗と五分の星を残している、たぶん唯一の棋士です。対局は、黒が左辺に大きな地模様を築きかけ、そこに次にどちらが打つかが焦点になりましたが、黒は中央に伸びた白への圧力を重視し中央を優先して打ちました。左辺は白が開くことになり、左上隅にかかっていた黒が孤立したので、黒は左上隅に付けていきました。白はそれに対し、隅の地は多少黒にえぐられても、中央を重視しました。先手を取った白は左辺から中央に伸びる黒に対し出切りを敢行し、その結果左辺の黒は一眼もない形になりました。その後黒は中央の白に付けていって絞りを狙いました。一連の折衝で白がやや妥協して黒は白の二子を抜いたのですが、余分な石がくっついていて効率が悪かったのと、黒以上に中央の白が厚くなって、ここで白がはっきりリードしました。白は中央の厚みを活かし下辺に打ち込んでいきました。しかし白はここの折衝で何か錯覚があり、打った石を丸ごと取られてしまいました。ここで黒が逆転して優勢になりました。その後攻防が続きましたが、黒のリードはそのままで、最後白が時間つなぎに打った手が1目損で、ここで白の投了になりました。小林9段としては惜しい碁でした。また井山棋聖に取っては初めてのNHK杯戦制覇に向けて冷や冷やのスタートとなりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.