天頂の囲碁6との九路盤対局

天頂の囲碁6との九路盤対局は、今の所手合いは私から見て定先です。定先の時の布石で、この写真のパターンが勝率がいいです。このように黒7と突っ張るのは普通はやらない打ち方ですが、先日NHKの囲碁フォーカスで、九路盤の囲碁と将棋とオセロをいっぺんにやるという大会(グロービス・トライボーディアン選手権)で、プロが同じような打ち方をしているのを見ました。こう打つと白は必ずB4と当ててきますが、そうやると白に断点が2つできます。それを放置すると後で切る手順に回れますし、つげば、他の所に黒が先着できます。
今日もこの布石で1目勝ちでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です