NHK杯戦囲碁 志田達哉7段 対 鈴木伸二7段

本日のNHK杯戦の囲碁は黒番が志田達哉7段、白番が鈴木伸二7段の対戦です。志田7段は前回の準優勝者で2回戦からの登場です。
布石は比較的オーソドックスでしたが、白が右下隅にかかって黒がコスんで受け、白が右上隅の大ゲイマジマリの星の位置に付けていったのがAI風の最近の流行りです。結果的に黒は右上隅と上辺でほぼ確定地を取り、白が右辺で模様を築きました。左辺での折衝が一段落した後、黒は右下隅でコスんでいる石がはっきり活きておらず、白のかかった石にコスミツケて活きていれば普通でした。しかし志田7段は右辺上方の白の断点を覗いていき、この白への攻めを見ました。この後がこの碁のハイライトで白が右辺に展開した黒に対しハサミツケという強手を打ちました。これに対し黒は延びて反発し、白は割り込んで黒を切断し、急に激しい碁になりました。黒は切断された上方の石の形を整えた後、右辺上方の白の一段に対しケイマにかけるという強手のお返しをし、ギリギリの攻防になりました。黒がこの白の一団を取ってしまえば碁は終わり、また白が活きれば上辺の黒の地を大幅に削減しての活きとなり、形勢は白に傾きます。双方が正しく打てば白は取られていました。しかし志田7段は右上隅の黒のダメヅマリをうっかりし、途中の手を間違えました。結果的に劫残りで、黒から効を仕掛けることは出来ますが、劫に負けると右上隅の黒が逆に全滅してしまうということで、実質白のほぼ活きになりました。形勢ははっきり白のリードとなり、ヨセのうまい志田7段は各所で追い上げましたが、鈴木7段は無理せず確実な手を打ってゴールを目指し、終わってみれば白の2目半勝ちでした。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.