「原子力潜水艦シービュー号」の”The sky is falling”

「原子力潜水艦シービュー号」の”The sky is falling”を観ました。アメリカ上に円盤形UFOが現れ、人々を恐怖に陥れます。アメリカは地対空ミサイルで迎撃しようとしましたが、UFOは海中に姿を消します。アメリカ軍はそこでシービュー号に捜索を命じます。シービュー号は海中で渦巻きに巻き込まれそうになった後、UFOを発見します。しかし、UFOからの何かのパワーで、シービュー号の空気供給を含む全パワーが停止してしまいます。その内、円盤から何かポッドのようなものが近づいてきてシービュー号に接岸し、ネルソン提督がそのポッドに乗り込みます。そこで提督が見たものは、提督とまったく同じ顔をしたエイリアンでした。(エイリアン側が会う人に合わせて顔を変えているということです。)結局エイリアンと交渉して、彼らのUFOが燃料不足で宇宙に戻れないことがわかり、シービュー号の核燃料の一部を提供して無事に戻っていくという話です。(しかしUFOの動力源が原子力というのも何だかです。)今回シービュー号はUFOに手も足も出ないで、ほとんど活躍していません。またUFOが一体何が目的で地球にやって来てわざわざ姿を見せたのかもさっぱりわからず、SFドラマとしてはかなり中途半端でした。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.