「原子力潜水艦シービュー号」の”Time Bomb”

「原子力潜水艦シービュー号」の”Time Bomb”を観ました。第2シーズンの第2話ですが、この話で初めて新しいメカである「フライング・サブ」が登場します。第1シーズンのミニサブは単に小さな潜水艦でしかも防水シールドされておらず乗組員はウェットスーツを着けて乗り込まないといけないものでした。それに比べて「フライング・サブ」は気密性があるので、ノーマルスーツで乗り込めますし、何より潜水艦としてだけではなく海面から発進して空中を飛べるという優れものです。しかし海面から飛び上がるシーンはかなりヨタヨタしていますが…またシービュー号の全面のガラス(ハーキュレース)は第1シーズンでは2段になっていましたが、この回から1段に変わります。ちなみにフライング・サブがどうやってシービュー号に搭載されるようになったかの説明はまるでありません。
ちなみに第2シーズンからはシービュー号のクルーにも新顔が2人加わっており、こちらは第1話で既に登場していました。
で今回のお話なのですが、何というか二流の007としかいいようのないスパイ物です。007の「ドクター・ノオ」が公開されたのが1962年で、この第2シーズンは1965年で、スパイブームのまっただ中です。ミニサブ自体がボンドカーのような乗り物の影響を受けていると思われますし、また何故かかなり年配の筈のネルソン提督がスパイ役として、黒海の畔の都市にあるソ連の核兵器の製造基地に乗り込みます。笑っちゃうのが、ネルソン提督が出発する前に、色々な「秘密兵器」の説明を受けることで、007そのままです。しかもその説明をするのがタイム・トンネルで老博士スウェインを演じていた役者で、「原子力潜水艦シービュー号」では2度目の登場です。ネルソン提督はジェームズ・ボンドばりに味方のエージェント(女性)と濡れ場まで演じます。でそのエージェントがダブル・エージェントであり、実は最初からソ連の罠で、ネルソン提督はアメリカで水鉄砲に似せた特殊が銃で体内に特殊なセシウムを注射されており、核反応炉にネルソン提督が近づくと核爆発を起こし、それがアメリカの攻撃だという口実にしようとする陰謀です。それでネルソン提督を止めるために、クレーン艦長もカメラマンに化けてスパイ活動を行います。
何だか先が思いやられる第2シーズンです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.