DovoのHalf Hollow

8本目の西洋剃刀、2本目のDovoですが、今回のはHalf (1/2) Hollowです。既にHalf Hollowについては、GBSというメーカーのを持っているんですが、価格20ドルくらいの安物で切れ味がイマイチなんで、Dovoので買い直したものです。一応後Thiers-issardと、Giesen & Forsthoffというメーカーのを取り寄せ中で、それを含めて全部で10本になり、西洋剃刀道楽はそこで打ち止めにするつもりです。
それでDovoのHalf Hollowの剃り味ですが、うーん、すっかりFull Hollowに慣れたせいか、Near Wedgeまではいかないですが、剃り味がやや鈍重に感じます。それでちょっとギリギリまで攻めて剃ることが出来なくて、今日はまた電気剃刀のお世話になりました。なんかうまく刃が皮膚の上を滑ってくれないというか、結構引っ掛かるんです。刃の材質はスウェーデン鋼とあります。ゾーリンゲンのメーカーでもスウェーデン鋼を使うとは意外です。硬度は書いていません。
海外の西洋剃刀に関するサイトを見ると、初心者の入門用はこのHalf Hollowが良いと言っている人がいます。しかしそれは、Full Hollow派かWedge派かどちらにころぶか分からないから、取り敢えず中間のを試してみたら、と言っているようにしか聞こえません。私のお勧めは、最初にFull HollowとWedgeに近いのと両方買ってどちらも試してみるべきだと思います。まあ簡単に入手出来るものはほとんどがFull Hollowであり、Wedgeに近いものはeBayなどのオークションでヴィンテージ品を買うか、大メーカー製(といってもDovoもThiers-Issardもかなり小さな会社ではないかと思いますが)ではなく、職人の手作りみたいなのを買うしか選択肢がありません。DovoもThiers-IssardもWebでカタログを見ると、Wedgeタイプがあるように書いてありますが、実際の販売サイトでは今の所両者のWedgeタイプを見つけられていません。例外的にこのHalf Hollowは比較的色々な所で売っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.