NHK杯戦囲碁 瀬戸大樹8段 対 林漢傑8段


本日のNHK杯戦の囲碁は黒番が瀬戸大樹8段、白番が林漢傑8段の対戦です。布石は4隅で定石(但し今風)が進行しましたが、黒が左下隅でダイレクトに三々に入った結果、左辺は白の大きな模様となりました。黒は左辺に侵入せず、上辺から押していって左辺を囲わせ、その代わり右上隅に上辺から掛かりっぱなしになっている白2子を孤立させこれを攻める作戦に出ました。白はそれを承知で左辺をぎりぎりまで受け続けました。いよいよ取られかねないというタイミングで白は右上隅を動き出し、黒の断点を覗きました。ここでの折衝で白は中央の黒の切断や右上隅の黒への圧力などを上手く使い、結局右辺で一手寄せ劫に持ち込みました。この劫が黒が右上隅を活きにいった関係で白が一手ダメを詰めることが出来、本劫になりました。白は周辺に劫立てが多く楽な劫争いで、結局白は劫に勝ち黒6子を取ってしのぐという、白から見て上々のシノギとなりました。黒は代償で左辺の白模様を侵略しましたが、ある意味地だけの問題で、形勢は白のリードでした。その後下辺でまた劫争いが始まりましたが、白は左辺の地を減らされた代償に左下隅で地を稼ぎ、白のリードは変わりませんでした。最後ヨセで若干白のミスがあったので差が縮まりましたが、結局白の2目半勝ちに終わりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.