宇宙家族ロビンソンの”A Visit to Hades”

宇宙家族ロビンソンの”A Visit to Hades”を観ました。これまだひどい話でした。ドクター・スミスが竪琴が置かれている鍵穴のような岩を見つけ、よせばいいのにその竪琴をはじいてみたら、スミスは異次元に飛ばされます。そこはまるで地獄で、そこには冥界の王ハデスのようなキャラクターがいて、スミスの過去を鏡に映してその悪行を暴きます。スミスは例によって取引を持ちかけると、ハデスのような男が竪琴を壊して欲しいといいます。それで元の世界に戻ったスミスですが、今度はハデスのような男の方からロビンソン一家に近づきます。男はジュディに目を付けます。男は結局ハデスではなく、ある星で革命に失敗し牢獄に入れられていただけでした。色々あって間違って男とジュディが牢獄に飛ばされます。そこで珍しくジュディが中心の話となるのですが、その演技がひどく、ただ子供のように「お家に帰りたい」と泣きわめくだけ、というものです。結局その子供のような心だけが竪琴を破壊出来ることが分かり、ジュディが竪琴を破壊して、男がようやく牢獄から解放される、という話でした。しかしシーズン2ってずっとこの調子で行くのでしょうか。そろそろ観るのが馬鹿馬鹿しくなってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です